ヨーグルトと相性の良い食べ物について

ヨーグルトと相性の良い食べ物はコレ!腸美人に

このエントリーをはてなブックマークに追加

整腸効果が高く、腸内環境を良好な状態にしてくれる食品の筆頭に上がるのがヨーグルトです。もちろん、ヨーグルトの他にも優れた整腸作用を持つ食べ物はたくさんあります。今回は、その中で特にヨーグルトと相性の良い食べ物をご紹介します。

ヨーグルトと相性の良い食べ物に共通する特徴とは?


ヨーグルトと相性のよい食べ物に共通する特徴は、食物繊維とオリゴ糖の両方、あるいはどちらか一方が豊富に含まれている、という点になります。ヨーグルトは、乳酸菌が豊富に含まれていて、整腸効果や栄養価も高い食べ物ですが、食物繊維やオリゴ糖は含まれていません。

ですから、腸内環境をよくするという点においては、ヨーグルトにない食物繊維とオリゴ糖が補えるような食べ物は、すべてヨーグルトと相性の良い食べ物だといえます。

ただ、どんなにヨーグルトと相性がよくても、おいしくなければ継続して摂取する気にはなりにくいものです。

というわけで、味覚的にもヨーグルトと相性のよい食べ物を紹介します。

スポンサーリンク


はちみつ

はちみつ


はちみつには、ショ糖や果糖に加え、腸内細菌の善玉菌のビフィズス菌の大好物であるオリゴ糖が含まれています。はちみつに含まれるオリゴ糖を食べて、腸内のビフィズス菌はどんどん仲間を増やすことができます。

さらにはちみつには、グルコン酸と呼ばれる有機酸も含まれていて、このグルコン酸にも腸内のビフィズス菌を増やす働きがあります。抗菌力にも優れ、悪玉菌の繁殖を抑えることができます。

はちみつは糖度が高いため、無糖のヨーグルトにはちみつを加えると、少量でもとても甘くて美味です。はちみつに含まれるオリゴ糖以外の糖質は消化吸収がよいため、脂肪になりにくく、砂糖を控えたい方にもおすすめです。

バナナ

バナナ


バナナにもビフィズス菌の大好物であるオリゴ糖が含まれていて、優れた整腸作用のある果物です。バナナでも特に青バナナには、第3の食物繊維といわれるレジスタントスターチ(難消化性デンプン)が豊富です。

バナナに含まれているマグネシウムは、便をやわらかくする働きに加え、ヨーグルトのカルシウムの吸収をよくする働きもあります。ヨーグルトにバナナを加えることによって、整腸効果がパワーアップするだけでなく、栄養面でもうれしい効果が望めます。

バナナの甘味は、ヨーグルトの酸味と実にうまくマッチします。美味しく食べられるという点においても、バナナはヨーグルトと相性の良い食べ物といえそうです。

スポンサーリンク


りんご

りんご


りんごには、腸内細菌の善玉菌のエサになる、水溶性食物繊維(ペクチン)とオリゴ糖の両方が含まれていて、善玉菌を増やし、腸内環境をよくする効果の極めて高い果物です。

「朝食りんごヨーグルト」という人気商品のヨーグルトがあるくらい、美味しく食べられるという点においても、ヨーグルトと非常に相性の良い食べ物といえるでしょう。

ドライフルーツ

ドライフルーツ


ドライフルーツは、文字通り果物を乾燥させたもので、食物繊維や抗酸化物質が凝縮されている分、同量の生の果実よりも豊富に含まれています。ドライフルーツの場合、ヨーグルトにごく少量トッピングするだけでも、たくさんの食物繊維が補え、十分な整腸効果が得られます。特にプルーンがおすすめです。

納豆

納豆


腸内環境をよくする組み合わせとしては、もしかしたら、最強といえる組み合わせになるかもしれません。納豆には、食物繊維、大豆オリゴ糖に加え、腸内の善玉菌と非常に相性のよい納豆菌が含まれています。ヨーグルトの乳酸菌と納豆の納豆菌が腸内でタッグを組めば、まさに向かうところ敵なしのパワーを発揮してもらえます。

味覚的にも、「こんなの初めて!」といえるくらい美味なため、実際に試した多くの方に好評のようです。ヨーグルトを納豆のタレ代わりにかけて食べるという食べ方がおすすめです。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加