代表的な腸内細菌の種類と役割について

代表的な善玉菌、悪玉菌、日和見菌の種類と役割について

このエントリーをはてなブックマークに追加

善玉菌・悪玉菌・日和見菌


腸内フローラを形成している腸内細菌の種類は、およそ500〜1000種類と実に膨大です。腸内細菌はその働きによって、善玉菌、悪玉菌、日和見菌の3種類に分類することができます。腸内環境のよしあしは、この3種類の腸内細菌のバランスが大きく関わってきます。では、これから善玉菌、悪玉菌、日和見菌のそれぞれの代表的な細菌とその主な役割について紹介していきましょう。

代表的な善玉菌


我々の身体に良い影響を与えてくれる腸内細菌のことを善玉菌といいますが、代表的なのは以下の二つです。

ビフィズス菌

大腸内に存在する善玉菌の中で、ビフィズス菌が占める割合は、およそ99.9%と圧倒的多数です。ただ、酸素に弱く、酸素の多い小腸にはほとんど存在しません。

ビフィズス菌は、主に乳糖やオリゴ糖を餌にして、人間の健康に有用な乳酸や酢酸を作る働きがあります。乳酸や酢酸によって、腸内が酸性の状態に保たれます。その結果、悪玉菌の増殖が抑えられ腸内環境が整えられます。腸内環境が整うと、スムーズな排便が促され、有害物質がより排出されやすくなる、という私たちの健康を維持する好循環が望めます。

また、人間にとって必要な栄養素である、ビタミンB1、ビタミンB2、葉酸、ビタミンK等のビタミンを作ってくれるのもビフィズス菌です。

血中のコレステロールを下げたり、病原菌の増殖を抑制する役割も担っています。

乳酸菌

乳糖やブドウ糖を餌にして乳酸を生成します。漬物やヨーグルトなどの発酵食品にも多く含まれています。乳酸が大量に発生することで、腸内は、弱酸性(悪玉菌が繁殖できない理想的な状態)に保たれます。

善玉菌の中で乳酸菌が占める割合は、0.1%以下と非常に少ないですが、その働きぶりはビフィズス菌に勝るとも劣らないものがあるといえるでしょう。

乳酸を作るという点において、ビフィズス菌と乳酸菌の働きは、非常に似通っています。ただ、腸内で活躍する場所が違っているので、どちらも腸の健康にとって、必要不可欠な存在です。ビフィズス菌が主に大腸で働くのに対して、酸素に強い乳酸菌は、主に小腸が活躍の場になっています。

スポンサーリンク


代表的な悪玉菌


増えすぎると我々の身体に悪影響を及ぼす腸内細菌のことを悪玉菌といいますが、代表的なのは以下の三つです。

ウェルシュ菌

悪玉菌の中では、最強といえる細菌です。肉類などのたんぱく質を餌にして、様々な有害物質を発生させます。

黄色ブドウ球菌

食中毒や髄膜炎などの感染症のの原因となるだけでなく、おでき、にきびなどの原因にもなります。

大腸菌(有毒株)

大腸菌は有毒株と無毒株の2種類に分けられ、そのうち有毒株が悪玉菌になります。その中でも特に有毒なのが病原性大腸菌で、強烈な腹痛や下痢、出血などを引き起こします。

代表的な日和見菌


日和見菌は、どの菌も本来は無害ですが、善玉菌と善玉菌の中で勢力の強い方に加担して、その働きを強化する性質を持っています。代表的なのが以下の三つです。

バクテロイデス

腸内に常在する菌で、短鎖脂肪酸を生成する作用があることが最新の研究でわかってきました。短鎖脂肪酸は、脂肪の吸収を抑える働きが認められています。

大腸菌(無毒株)

本来無毒ですが、善玉菌につくとビタミン合成や感染症予防などの役割をサポートしますが、悪玉菌につくと、有害物質の生成に加担します。

連鎖球菌

腸内や口腔内に常在する菌です。腸内に悪玉菌が増え免疫力が下がった場合に、病原菌に変化し、様々な感染症なを引き起こす怖れがあります。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事