オリゴ糖とヨーグルトの相性について

オリゴ糖とヨーグルトは相性抜群!腸をキレイに

このエントリーをはてなブックマークに追加

オリゴ糖とヨーグルト


オリゴ糖もヨーグルトもどちらも腸内環境を良好な状態に整える効果が高い食品です。しかもオリゴ糖とヨーグルトの相性は、抜群といえるほどよく、まさに最強といえる組み合わせです。どちらか一方を摂るよりも、両方を一緒に摂ることで、相乗効果が得られます。さらに詳しく見ていきましょう。

ヨーグルトは悪玉菌の勢力を弱める環境づくりに貢献する


ヨーグルトには、たくさんの乳酸菌が含まれています。ヨーグルトを摂取することで、多くの乳酸菌を腸に送り届けることができます。腸に生きたまま届いた乳酸菌は、元々腸に棲みついている腸内細菌の善玉菌(乳酸菌やビフィズス菌)と同じように発酵を行って、有機酸と呼ばれる乳酸や酢酸を産出します。ヨーグルトの乳酸菌が加わった分、腸内の酸も増えるというわけです。

スポンサーリンク


死滅した乳酸菌も腸に届けば、善玉菌のエサとなって発酵活動を促すので、結果的に腸内の酸の量は増えることになります。

腸内の酸の量が増えれば、それだけ腸内の酸性度も強くなります。腸内細菌の悪玉菌は、酸が大の苦手で、酸性度の強い環境では思うように仲間を増やすことができません。悪玉菌の力は弱まり、腸内は善玉菌優勢の良好な環境が整えられます。

オリゴ糖は腸内の善玉菌を増やす


腸内細菌の善玉菌の中でも圧倒的な多数派であるビフィズス菌は、オリゴ糖が大好物です。ビフィズス菌はオリゴ糖を食べて、どんどん仲間を増やすことができます。

ビィフィズス菌が仲間を増やせば、より多くのビフィズス菌が発酵活動を行うため、それだけ副産物として産出する酸も増えることになります。結果、悪玉菌の繁殖も抑えられます。

ヨーグルト+オリゴ糖で腸内環境はますますよくなる


悪玉菌の繁殖を抑え、腸内の善玉菌が棲みやすい環境づくりに貢献してくれるヨーグルト、善玉菌の栄養源となって増殖を助けるオリゴ糖、両方を腸内に送り込むことによって、善玉菌の勢いはパワーアップします。善玉菌が増えれば増えるほど、腸内環境はますます良好になります。

ヨーグルトとオリゴ糖の組み合わせは、味に関しても相性がよく、おいしく食べられる点も高ポイントです。

市販の無糖のヨーグルトに、砂糖の代わりにオリゴ糖シロップを加えたり、はちみつを加えるという方法で、両方を一緒に摂取することができます。 市販されているヨーグルトの中には、すでにオリゴ糖が加えられているものもあるので、それらのヨーグルトを摂取してもよさそうです。

バナナやりんごなどの果物にもオリゴ糖が含まれているので、それらの果物にヨーグルトをかけて食べるという方法でも両方を一緒にとることができます。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加