オリゴ糖の種類と働きについて

オリゴ糖とは?その種類と腸内での働きについて

このエントリーをはてなブックマークに追加

オリゴ糖


オリゴ糖といえば、砂糖の代わりに使用される甘味料として、スーパーで見かけることが多いかもしれません。いわゆるトクホとして、その優れた整腸効果が認められている商品もあります。さらに詳しく見ていきましょう。

オリゴ糖とは?


オリゴ糖は、糖類の一種で、少糖類に分類されています。糖類には、分子が小さく、吸収されやすい単糖類(ブドウ糖、果糖)と、分子が大きくそのままの状態では吸収されにくい多糖類(でんぷん)がありますが、オリゴ糖は、その中間的な大きさで、単糖類がいくつか結合した構造になっています。

少糖類には、二糖類(ショ糖、麦芽糖、乳糖)なども含まれ、広義ではこれらもオリゴ糖に該当するようですが、二糖類は、消化されやすいため、通常のオリゴ糖とは別扱されている場合が多いです。

オリゴ糖に分類される糖類の多くは、胃や小腸で消化されにくいという性質を持っています。

スポンサーリンク


オリゴ糖の腸内での働きとは?


オリゴ糖には、腸内細菌の善玉菌であるビフィズス菌を増やすという、非常に重要な働きがあります。オリゴ糖は、胃や小腸で分解されずにそのままの大きさで大腸まで届き、そこでビフィズス菌のエサになることで、ビフィズス菌が仲間を増やすのを助けます。

ビフィズス菌の仲間が増えると、その分、腸内環境は良好な状態に整います。腸内環境が良好であればあるほど、腸の働きもよくなるため、便通もよくなり、免疫力もアップします。

免疫力がアップすることによって、風邪やインフルエンザなどの感染症を予防したり、アレルギー症状を予防する効果もアップするなど、様々な波及効果も望めます。

また、オリゴ糖には、食物繊維と同じように、腸内の有害物質を吸着して便として排出される働きや、カルシウムなどのミネラルの吸収をよくする働きもあります。

オリゴ糖はプレバイオティクスの代表格


プレバイオティクスとは、胃や小腸などで消化分解されずに、大腸まで届き、大腸に生息している腸内細菌(善玉菌)の栄養源となり増殖を助け、腸内環境を整えることによって様々な健康効果をもたらすことができる食べ物の成分のことです。オリゴ糖は、そのプレバイオティクスとしての基準を満たしていて、代表格といえる存在です。

オリゴ糖の種類


オリゴ糖は、およそ20種類ほど確認されているようですが、今回は、その中から特に腸内環境を整える効果が高く、プレバイオティクスとして認められているオリゴ糖をご紹介します。

1.ガラクトオリゴ糖

母乳や牛乳などに含まれています。乳糖を原料にして商品化されています。

2.フラクトオリゴ糖

にんにくやたまねぎ、アスパラガス、ごぼう、バナナなどに含まれています。

3.大豆オリゴ糖

その名が示す通り大豆製品に含まれています。少量でも善玉菌を増やす効果が高いことが特徴です。

4.乳果オリゴ糖

ショ糖と乳糖を原料として作られています。高脂血症や肥満予防に効果があるとされています。

5.キシロオリゴ糖

トウモロコシやタケノコなどに含まれています。綿実殻を原料として製造されています。飲料水や菓子類、乳製品などの甘味料として使用されます。

6.イソマルオリゴ糖

ハチミツやしょうゆ、日本酒などに含まれています。でんぷんを原料として製造されています。

7.ラフィノース

てんさい、キャベツやブロッコリー、アスパラガスなどに含まれています。

8.ラクチュロース(ミルクオリゴ糖)

乳糖を原料にして製造されていて、ミルクオリゴ糖、異性化乳糖などとも呼ばれています。 粉ミルクや加熱後の牛乳などに含まれています。

9.コーヒー豆マンノオリゴ糖

コーヒー豆のカスから抽出される成分です。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加