赤ちゃんのオリゴ糖の摂取について

オリゴ糖は赤ちゃんに与えても大丈夫?

このエントリーをはてなブックマークに追加

赤ちゃん


腸内細菌の善玉菌であるビフィズス菌を増やし、腸内環境を良好な状態に整える効果の高いオリゴ糖ですが、 果たして赤ちゃんに与えても大丈夫なのでしょうか?詳しくお伝えします。

赤ちゃんの便秘について


オリゴ糖は母乳にも含まれていますし、粉ミルクにも配合されています。ですから母乳やミルクをよく飲む赤ちゃんの腸内は、ビフィズス菌も多く、腸内環境も良好で、便秘と無縁といえるほど便通がよいのが一般的です。

母乳やミルクを飲んでいるのにも関わらず赤ちゃんが便秘になってしまう場合は、母乳が足りていない、ミルクの消化に時間がかかるから、ミルクや母乳に含まれているオリゴ糖の量だけでは足りずビフィズス菌が増やせない、といったことが原因として考えられます(生まれてまだ間もない新生児の便秘の場合は、他に原因がある場合も多いので、小児科を受診されることをおすすめします)。

通常、赤ちゃんが便秘しやすくなるのは、離乳食が始まる頃です。離乳食が始まると、赤ちゃんの腸に母乳やミルク以外の様々な食べ物が送り込まれるために、赤ちゃんが何を食べたかによって腸内細菌のバランスが大きく変化します。それが原因で便秘になりやすくなります。

スポンサーリンク


便秘は赤ちゃんにとって大敵なので、一刻も早く便秘を解消することが大切です。赤ちゃんの便秘を解消させるためには、赤ちゃんのお腹を優しくマッサージする、綿棒で肛門を刺激する、白湯を飲ませる、などの方法が効果的です。

ただ、根本的に赤ちゃんの便秘を解消するためには、赤ちゃんの腸内のビィフィズス菌を増やし、赤ちゃんの腸内環境をよりよい状態に整えることが必要になります。オリゴ糖を赤ちゃんに与えることで、赤ちゃんの腸内のビフィズス菌を効果的に増やすことができます。

赤ちゃんにオリゴ糖を与えても大丈夫?


オリゴ糖そのものは、母乳の成分でもあるので、赤ちゃんにも安心して与えることができます。ただし、市販されているオリゴ糖製品を赤ちゃんに与える場合は、成分表示に気をつける必要が出てくるでしょう。市販のオリゴ糖製品の中には、オリゴ糖のほかにショ糖や人工甘味料が配合されているものもあります。特に人工甘味料などが配合されているものは赤ちゃんには不向きなので、与えるのを避けてください。

赤ちゃんに与えるオリゴ糖としては、オリゴ糖純度が100%で、無添加のものがベストです。市販のオリゴ糖製品を購入する場合は、成分表示をよく確かめるようにしましょう。

赤ちゃんのうちに腸内環境を可能な限り整えるべき?


実は、腸内フローラの構成は、生後12か月までにほぼ決まってしまうことがわかっています。赤ちゃんの頃から、腸内細菌の種類を増やすと同時に、腸内環境をよりよい状態に整えておくことで、一生病気知らずの健康な身体を手に入れることが可能になるといっても過言ではありません。

特に、腸管免疫の不調と深く関係しているアレルギーの発症を抑えるためには、生後12か月の間が勝負で、この期間に赤ちゃんの腸内環境を良好に整えられるかにかかってくるといえるでしょう。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加