オリゴ糖とコーヒーの相性について

オリゴ糖とコーヒーは相性抜群!腸をキレイに

このエントリーをはてなブックマークに追加

オリゴ糖とコーヒー


オリゴ糖は、腸内細菌の善玉菌であるビフィズス菌を増やすことができます。実はコーヒーにも、ビフィズス菌を増やす働きがあるのです。どちらかを単独で摂るよりも、一緒に摂取することによって、より効率的にビフィズス菌を増やすことができます。さらに詳しくお伝えします。

コーヒーは善玉菌を増やし腸内環境をよくする


死亡リスクを下げる飲み物として、ここ最近特に人々のコーヒーへの関心が高まっています。コーヒーの健康効果に関する研究結果が続々と発表されていて、女性の大腸がんを予防できる可能性についても、国立がん研究センターにより示唆されています。大腸がん予防の可能性については、コーヒーに腸の健康によい成分が含まれていることと関係があるようです。

コーヒーの有効成分として最も注目すべきは、クロロゲン酸です。クロロゲン酸には、腸内の善玉菌であるビフィズス菌を増やす効果があることが、実験により明らかになっています。コーヒーを飲むことで、腸内のビフィズス菌が増えれば、ビフィズス菌が産出する有機酸(酪酸や酢酸、乳酸)によって、腸内環境は、良好な状態に整えられます。

スポンサーリンク


また、コーヒーに含まれるカフェィンには、腸を刺激して便通を促す働きがあります。カフェィンも腸内環境の改善に加勢してくれているのです。(ただし、カフェィンには利尿作用もあるので、摂り過ぎると腸内が水分不足になり、逆に便秘を促すことになるので要注意)

オリゴ糖も善玉菌を増やし腸内環境をよくする


オリゴ糖は、腸内の善玉菌であるビフィズス菌の大好物です。大腸にオリゴ糖が届けば、ビフィズス菌はオリゴ糖を喜んで食べ、着実に仲間を増やすことができます。

オリゴ糖を摂取することで、腸内のビフィズス菌が更に増えれば、ビフィズス菌が産出する有機酸によって、悪玉菌の繁殖が抑えられます。結果、腸内は善玉菌優勢のより良好な環境が整います。

コーヒー+オリゴ糖の相乗効果で腸内の善玉菌がさらに増える


コーヒーもオリゴ糖もどちらも腸内の善玉菌であるビフィズス菌を増やす効果の高い食品です。どちらか一方だけでも、ビフィズス菌を増やせますが、両方を一緒にとることで、(コーヒーでビフィズス菌が増える)+(オリゴ糖でビフィズス菌が増える)というダブルの効果が期待できるというわけです。

腸内環境が良好であればあるほど、悪玉菌の力は弱まり、悪玉菌による有害物質や毒素の産出量も少なくなります。便通も促進されるため、有害物質や腐敗物質は便となって排出されるため、腸そのものもどんどんキレイになっていきます。

コーヒーには砂糖の代わりにオリゴ糖を


コーヒーを飲む時に、砂糖の代わりにオリゴ糖を入れるようにすると、より効率的に腸内のビフィズス菌を増やすことができます。 オリゴ糖は砂糖に比べるとカロリーも低いので、ダイエット効果も期待できるでしょう。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加