オリゴ糖を摂取するベストなタイミングについて

オリゴ糖はいつ摂取するのがベスト?

このエントリーをはてなブックマークに追加

オリゴ糖の摂取タイミング


腸内環境を良好な状態に整える効果の高いオリゴ糖ですが、その効果を最大限に引き出すためには、オリゴ糖をいつ摂取するかという、タイミングも重要になってくるようです。オリゴ糖をいつ摂取するか?そのベストな時間帯については、いくつか説があるようです。詳しく見ていきましょう。

腸のゴールデンタイムに合わせるという説


腸の働きが最も活発になるのは午後10時から午前2時の時間帯で、この時間帯は腸のゴールデンタイムと呼ばれています。この時間帯は、副交感神経が最も活発に働く時間帯で、腸の働きは副交感神経の働きに連動しているため、そう呼ばれているようです。

胃や腸などの消化器官は、自律神経によってコントロールされています。自律神経の中でも、ブレーキの役目を果たしている副交感神経が活発に働き、交感神経よりも優位な状態のときによく働くようです。ただし、腸のゴールデンタイムは、この時間帯に就寝している=リラックスしている必要があります。

オリゴ糖を摂取するのは、腸のゴールデンタイム、すなわち就寝する時間の3時間前がベストなタイミングといえる時間になるでしょう。

例えば、就寝時間が午後10時の場合は、午後7時、午後11時の場合は、午後8時ということになります。

この時間帯は、ヨーグルトを摂取するのにもベストな時間帯といわれています。ヨーグルトにオリゴ糖を混ぜて摂取すると、相乗効果が期待できます。

スポンサーリンク


腸を目覚めさせるために朝起きた時?がベストという説


朝は、交感神経が活発に動き、逆に副交感神経の働きが鈍るため、腸の働きも鈍ってしまいます。私たちが眠っている間に、腸は元気に活動してくれていて、私たちが起きたとたんにその活動を止めて、ちょうど眠ったような状態になってしまいます。

そんな腸を目覚めさせるために、朝起き抜けに一杯の水を飲み腸を刺激するという方法がよく実践されています。さらにそこに、腸内細菌(善玉菌)の活力剤としてオリゴ糖を送り込むことは腸内環境にとってもプラスに働くことは確かです。

朝の時間帯は、排せつ機能が高まる時間帯でもあります。また、朝は胃の中が空っぽな状態なので、摂取したオリゴ糖がスムーズに腸まで届きやすいという利点もあります。

朝に排便してスッキリしたい場合は、ベストといえるタイミングになるでしょう。

朝昼晩関係なく食事中がベストという説


朝昼晩の時間帯に関わらず、食事中、食べものと一緒にオリゴ糖を摂取することがべストという説もあるようです。この説は、オリゴ糖は単独で摂取するより、他の食べ物と混ざった方が、腸に確実に届いて、善玉菌の栄養源になりやすいという考えから来ているようです。

体内リズムに合わせてベストなタイミングで摂取すればOK


どの説もすべて有力で、正解であるといえそうです。オリゴ糖は、食品なので、摂取する時間帯については、医薬品のように厳密に定められているわけではありません。

人にはそれぞれの体内リズムがあるため、いろいろと試してみて、自分にとってのベストといえるタイミングを知り、そのタイミングで摂取するようにすれば、摂取する時間帯については特にこだわる必要はあまりなさそうです。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加