納豆菌の腸内でのビタミンKの生産について

納豆菌は腸内で十分な量のビタミンKを生産する

このエントリーをはてなブックマークに追加

ビタミンKが豊富な納豆


納豆にはビタミンKが豊富に含まれています。納豆に含まれている納豆菌は、腸内でもビタミンKを産出することがわかっています。ビタミンKには、いくつか種類がありますが、納豆菌が生産するのはビタミンK2で、骨粗しょう症を予防する効果があり、治療薬としても用いられています。事実、納豆消費量の多い地方は、納豆消費量の少ない地方に比べると、骨折する人の数が少ないというデータも残されています。さらに詳しく見ていきましょう。

ビタミンKについて


ビタミンKは脂溶性のビタミンで、天然のものと合成して作られるものがあります。天然のビタミンKは、ビタミンK1とビタミンK2の種類があります。ビタミンK1は、フィロキノンともいわれていて、主に植物によって生成されるビタミンです。ビタミンK1は、ほうれん草やブロッコリー、キャベツ、海藻類に多く含まれています。

ビタミンK2はメナキノンと呼ばれていて、主に微生物(腸内細菌、納豆菌)などによって生成されるビタミンです。メナキノンは、さらに動物性の食品に多く含まれているメナキノン4と、納豆に多く含まれているメナキノン7に分けられます。

ビタミンKの中では、納豆に含まれているビタミンK2(メナキノン7)が、最も栄養価が高く、様々な健康効果が期待できるようです。

スポンサーリンク


納豆菌が作るビタミンK2(メナキノン7)の主な働き


納豆は、ビタミンK2(メナキノン7)が世界中の食品の中で最も多く含まれています。それは、納豆菌が増殖活動を行う際に副産物としてビタミンK2(メナキノン7)を産出するからです。更に納豆を食べて、生きたままの状態で腸内に届いた納豆菌は、腸内にとどまっている間、ビタミンK2(メナキノン7)を産出します。元々納豆に含まれているビタミンK2よりもさらにたくさんのビタミンK2を摂取できるということです。

そんな納豆菌が作るビタミンK2(メナキノン7)の主な働きは以下のようになります。

1.血液を固まらせる

納豆菌は、ビタミンK2と同時に納豆キナーゼという血栓を溶かす力の強い酵素も産出します。ビタミンK2には、血液を固まらせる働きがあり、ナットウキナーゼとのバランスをうまく保つことができるようです。

2.血管にカルシウムが沈着するのを防ぐ

血管へのカルシウムの沈着は、動脈硬化の原因にもなりますが、ビタミンK2はそれを防ぎます。

3.骨を作る働きをサポートする

ビタミンK2には、骨の形成に関わるタンパク質を活性化させる働きがあります。結果、骨密度が増えて骨が丈夫になるため、骨粗しょう症を予防することができます。

納豆で骨粗しょう症を予防できる量のビタミンKを摂取できる


腸内細菌として、腸内に棲みついている細菌もビタミンK2を生成しています。ちなみに腸内細菌によって生成されるビタミンK2の量は、身体が必要とするおよそ半分の量になるようです。残りの半分は、通常の食事から摂取すれば必要量を満たすことができます。

しかし、骨粗しょう症を予防するためには、より多くのビタミンK2が必要になり、通常必要とされている量では、不足してしまいます。ビタミンK2の通常の摂取量の目安は、成人で1日およそ150μgが必要ですが、骨粗しょう症を予防するためには、その倍の300μg程度摂取するのが望ましいとされています。

納豆は、ビタミンK2が非常に豊富に含まれています。納豆1パック50グラムを摂取すれば、それだけで、必要量を満たすことができます。

さらに、納豆を食べて、生きたままの状態で腸内に届いた納豆菌も、腸内にとどまっている間、繁殖活動を行う際に副産物としてビタミンK2(メナキノン7)を産出します。納豆菌には、ひとつぶの納豆が16時間後に40億個に増えたという実験結果もあるほどの、繁殖力があります。納豆菌がこのペースで腸内でも繁殖活動を行ってくれれば、十分な量のビタミンK2の産出が望めるでしょう。

納豆に含まれるビタミンK2に、納豆菌が腸内で産出する分のビタミンK2もプラスされるわけですから、納豆だけでも、骨粗しょうを予防するために十分な量のビタミンK2摂取することができるといえます。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加