納豆菌の病原性大腸菌を死滅させる効果について

納豆菌はO-157などの病原性大腸菌を死滅させる

このエントリーをはてなブックマークに追加

O-157


古くから抗菌効果があることでも知られている納豆菌ですが、深刻な食中毒を引き起こすO-157などの病原性大腸菌に対しても優れた抗菌効果を発揮し、食中毒を予防できることがわかっています。納豆菌になぜにこれほどまでに優れた抗菌作用があるのでしょうか?詳しくお伝えします。

こんなにスゴイ!納豆菌の抗菌力


納豆菌は、増殖活動を行う際に、様々な抗菌力のある物質を生成します。昭和11年の9月1日付けの読売新聞の記事には、納豆菌の持つ抗菌力にチフス菌(食中毒の原因菌)を全滅させるほどの威力があることが紹介されています。その威力については、当時、京都帝国大学細菌学教室の松村医学博士による実験で、証明されています。

それは、腸チフスに感染させたウサギに納豆菌を食べさせるという実験で、数日後、ウサギの腸内から腸チフス菌がすべて消滅していたということです

納豆菌の抗菌力を活かすべく、戦時中の日本海軍において、コレラやチフスの予防する薬の代わりに、納豆が使用されたようです。この事実に着目したのが、倉敷芸術科学大学の須見洋行教授でした。須見教授は、納豆菌のO-157に対する抗菌力についての実験を行いました。その実験についてさらに詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク


納豆菌のO-157への抗菌効果を調べる実験


実験は、栄養液にO-157だけを入れたものと、O-157と納豆菌を混ぜ合わせたものを同じ温度で培養させて、その後のO-157濃度の変化をみるという内容でした。

ちなみに、両方の液のO-157の濃度は、1mlあたりおよそ約10億個で、納豆菌は、その1000分の1でした。結果は、O-157だけを入れたものは、その濃度がほとんど変化せず、納豆菌を混ぜ合わせたものは、2日目にO-157の濃度は、最初のおよそ10000分の1にまで減少し、4日後には、ほぼ全滅していました。

また、納豆菌には、O-157のほかにも、O-144やO-111などの病原性大腸菌にも抗菌力を発揮することが、他の研究機関の実験によって明らかになっています。

納豆菌が生成する抗菌物質


納豆菌がこれほどまでに病原性大腸菌に対して優れた抗菌力を発揮する理由は、納豆菌が大豆を発酵する際に生成する抗菌物質であるジピコリン酸の働きによるところが大きいようです。ジピコリン酸には、抗菌力もさることながら、抗ウィルス力や、アポトーシス作用というガンを自滅させる力も強いことがわかっています。

通常、医薬品である抗生物質や抗菌剤は、病原菌だけでなく、腸内の悪玉菌と善玉菌にもダメージを与えることになりますが、納豆菌の抗菌物質は、病原菌や腸内の悪玉菌にだけ働き、善玉菌がダメージを受けることはありません。またその抗菌効果は腸内にいる間持続します。

食中毒予防のためには1日1パック


食中毒予防としては、市販されている納豆を1日1パック〜2パック摂取すると、十分な効果を得られるようです。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加