乳酸菌を含む食品について

乳酸菌が豊富で善玉菌を増やす食品(発酵食品)について

このエントリーをはてなブックマークに追加

腸内の善玉菌を増やすために積極的に摂りたい食品として発酵食品があります。発酵食品には、乳酸菌がたくさん含まれていて、摂取することで腸内細菌の善玉菌を増やすことができます。乳酸菌は、腸内で乳酸や酢酸などの有機酸を作成します。これらの有機酸は、腸内を弱酸性にして善玉菌を活性化して増殖を助け、弱酸性が苦手な悪玉菌の増殖を抑えてくれます。

数ある発酵食品の中から乳酸菌を豊富に含む代表的な食品をご紹介します。

ヨーグルト

ヨーグルト


牛乳を乳酸菌や酵母によって発酵させた食品で、発酵乳とも呼ばれています。実に数多くのメーカーから様々な種類のヨーグルトが販売されています。それぞれのメーカーによって、発酵工程で加える乳酸菌の種類が違っているようです。

通常のヨーグルトは、乳酸球菌(サーモフィラス菌)と乳酸桿菌(ブルガリスク菌)で発酵しますが、その後さらに加える乳酸菌が、メーカーによって違っているようです。LB81、ガセリ菌SP株、乳酸菌シロタ株、LG21乳酸菌、ラブレ菌などが有名です。

それぞれの乳酸菌の種類によって、その働きが違っています。また、人によって相性があって、その効果にも違いが生じるようです。

スポンサーリンク


チーズ

チーズ


ナチュラルチーズとプロセスチーズに大別されます。プロセスチーズはナチュラルチーズを加工して作られています。ナチュラルチーズは、主に牛乳を乳酸菌や白カビなどの微生物で発酵熟成させて作られます。発酵熟成過程で、動物性乳酸菌が生成され、生きた乳酸菌が含まれています。

プロセスチーズは保存性を高めるために、そのナチュラルチーズを加熱処理するなどして、加工されています。

チーズに含まれる動物性乳酸菌は、胃酸に弱く、生きたまま腸に届くことができませんが、死菌となった後も腸内の善玉菌のエサになって、善玉菌の増殖を助けてくれます。

漬物、キムチ


漬物

漬物


野菜を発酵させて作られています。日本国内だけでも、それぞれの地方によって様々な種類があります。漬け方も、塩漬け、みそ漬け、ぬか漬けなどと多彩です。どの漬け方でも植物性乳酸菌が豊富に含まれています。植物性乳酸菌は胃酸に強く、そのほとんどが生きたまま腸まで届き、悪玉菌の繁殖を抑え、善玉菌を増やすなどの有用な働きをしています。

キムチ

キムチ


韓国の漬物として、日本でもおなじみです。日本の漬物と同様に、白菜やニラ、二ンジンなどの野菜を発酵させて作られていて、植物性の乳酸菌が豊富に含まれています。

日本人の口に合うように改良された日本産のものもありますが、日本産のキムチの中には化学調味料が使用され、十分に発酵されておらず、乳酸菌が少ないものもあるようなので、その点は注意が必要です。本場韓国産のキムチは、唐辛子やにんにく、魚介類の塩辛などを混ぜ合わせてじっくりと発酵させているので、乳酸菌が非常に多く含まれているようです。

味噌

味噌


大豆を発酵させた日本独自の発酵食品です。味噌には、乳酸菌の他にも麹菌や酵母菌などの有用菌が豊富に含まれています。植物性乳酸菌は、胃酸に強く、生きたまま腸に棲みついて有用な働きをしてくれるようです。

主に味噌汁として使われますが、有用な菌を生きたままたくさん取り入れるためには、加熱調理を避ける必要があります(乳酸菌は熱に弱いため)。ただ、乳酸菌は加熱処理をして死菌なった場合でも、腸内で善玉菌のエサとなり、増殖を助けます。また、腸内環境の改善を主な目的として選ぶなら、1年以上時間をかけてじっくりと発酵熟成させた天然醸造の味噌が最適といえるでしょう。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事