乳酸菌の過剰摂取による副作用について

乳酸菌を過剰摂取すると副作用がある?

このエントリーをはてなブックマークに追加

乳酸菌の過剰摂取による副作用


私たちの健康のために幅広く貢献してくれている乳酸菌ですが、過剰摂取した場合の副作用については、やはり気になるところでしょう。そこで今回は、乳酸菌を過剰摂取した場合、副作用が起こるのかどうかについて、詳しく説明をしましょう。

乳酸菌を過剰摂取した場合の副作用は?


乳酸菌だけを過剰摂取しても、基本的には、副作用の心配はなさそうです。例えどんなに大量の乳酸菌を摂取したとしても、その多くは、胃酸によって死滅してしまうようです。生きて腸に届いても、腸内細菌として元々生息している善玉菌と長く共存することはできず、数日で便と一緒に排出されるので問題ないと考えられます。

ただし、乳酸菌の摂り過ぎによって、腸の働きが活発になりすぎて、お腹が痛くなったり、下痢をしてしまう場合は起り得るので注意が必要です。

スポンサーリンク


ちなみに、腸内環境を劇的に改善するために1日に必要な乳酸菌の量は、およそ1兆と考えられています。もし、必要量を摂り過ぎた場合を過剰摂取というのであれば、乳酸菌を1兆個以上摂取した場合ということになるでしょう。通常のヨーグルト1パックには、およそ100億程度の乳酸菌が含まれているようです。

単純に計算すると、乳酸菌の過剰摂取に該当するのは、ヨーグルトを1日100パック以上食べた場合ということになり、これは実質的に不可能な量です。ですから、通常、食品から乳酸菌を摂る場合は、過剰摂取になることは、まず起り得ないとも考えられます。

乳酸菌を含む食品の過剰摂取には注意が必要!


「乳酸菌を含む食品」を過剰摂取すると、様々な副作用が生じる心配が出てくるので注意が必要です。

例えば、ヨーグルトには、乳脂肪や糖分などの栄養素も含まれています。過剰摂取した場合は、乳脂肪やカロリーの摂りすぎになってしまい、肥満になるリスクが増大します。

漬物や味噌汁などにも乳酸菌は豊富に含まれていますが、同時に塩分も豊富です。それらを過剰摂取した場合は、乳酸菌の摂りすぎにはならなくても、塩分の摂り過ぎに陥る心配が出てきます。塩分の摂り過ぎは、高血圧や腎臓疾患、心疾患のリスクが増大します。

乳酸菌の摂取目安はどのくらい?


1日の乳酸菌の摂取量については、特に明確な基準が設けられいません。やはり、腸内環境というのは、一人一人違っているので、一律にどのくらいというはっきりとした目安は設けにくいようです。

良好な腸内環境を維持するために推奨されている量は、ヨーグルトでおよそ1日あたり100グラム程度のようです。便秘解消など腸内環境を改善するためには、ヨーグルトでおよそ1日あたり200グラム〜300グラム程度が推奨されています。

市販されているヨーグルトのパックには、1日の摂取量の目安が表示されてる場合もあります。その目安なども参考に、ご自分の腸内環境のよしあしと照らし合わせて、量を適宜調整されるとよいでしょう。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加