妊婦の乳酸菌の摂取について

妊婦の乳酸菌の摂取と子供のアトピーについて

このエントリーをはてなブックマークに追加

妊婦


アトピー性皮膚炎に悩まされる人は、年々、増加傾向にあるようです。特に、新生児のアトピー性皮膚炎の発症率は、非常に増えていて問題視されています。アトピー性皮膚炎は、遺伝と深く関わっていると考えられ、両親(特に母親)がアトピーの場合は、高い確率でその子供もアトピーを発症するというのが通説になっているようです。

しかし、様々な研究から、妊婦さんが妊娠中に乳酸菌を含む食品を積極的に摂取すれば、出産後に子供のアトピーの発症を大幅に抑えられることがわかってきました。それはなぜでしょうか?これから詳しくお伝えします。

アトピーと腸内環境


アトピーを発症する原因は、未だにはっきりとは解明されていない部分も多いようですが、腸内環境のよしあしと密接な関係があることは、様々な事例から、明らかになってきています。実際、腸内環境を改善することによって、アトピーの症状が劇的に緩和されたというケースも決して少なくないようです。

アトピーは、アレルギー性疾患の一種で、免疫のシステムが正常に働かなくなることが発症原因のひとつであると考えられています。免疫システムが正常に働いてくれていれば、外敵への攻撃を適切に行うことができるようです。

しかし、免疫システムが狂ってしまうと、外敵かどうかの見極めにも狂いが生じ、外敵でない相手まで外敵とみなしてしまいます。その際、免疫システムの一員であるTh2という細胞が過激に反応してしまって、IgE抗体という外敵を攻撃する武器(抗体)をやたら作ってやみくもに攻撃します。その結果、猛烈なかゆみなどの症状を引き起こしてしまうようです。

この免疫システムを狂わせる要因に、腸内細菌のバランスが深く関係していることが、様々な実験から明らかになっています。

スポンサーリンク


妊娠中から腸内環境を整えることの大切さ


妊娠中に乳酸菌を含む食品を積極的に摂取することは、妊婦さんの腸内環境を良好な状態に保つのに大変有効です。腸内細菌の善玉菌の一つである乳酸菌は、特に腸内の免疫細胞に深く関与しています。乳酸菌には、アトピーを引き起こすIgE抗体という武器を作りすぎないように働きかけ、免疫システムのバランスを整える役割があるようです。

乳酸菌を含む食品(主にヨーグルトなどの発酵食品)を摂取することで、腸内に存在している善玉菌を元気にすることができます。腸内に元々棲んでいる善玉菌が元気になれば、免疫細胞のバランスが整い、正常に機能してくれるようになるため、アトピーの発症を抑えることができる。という理論が成り立ちます。

生まれてくる子供は、産道を通るときに母親の腸内細菌を受け継ぎます。妊娠中から腸内環境を整え、善玉菌がしっかりと働ける状態を維持しておくと、生まれてくる子供も、善玉菌がしっかりと働いてくれる腸内環境を受け継ぐことができると考えられます。

さらに、乳酸菌を積極的に摂取すると母乳(特に初乳)に、IgE抗体が作られ過ぎないようにうまく制御できる物質(TGF・β)も増えるということも様々な臨床実験からわかっているようです。

特にアトピーに効果的な乳酸菌の種類


乳酸菌の中でも、臨床実験などにより、特にアトピー性皮膚炎の症状の改善効果のあると認められている種類をご紹介します。

LGG乳酸菌

アトピー持ちの妊婦さんにLGG菌を摂取してもらった結果、生まれてきた子供のアトピーの発症率を半分に減らせたという報告があります。フィンランドの乳製品メーカーのバリオ社が研究開発し、日本ではタカナシ乳業が商品化の権利を獲得しています。

L-92株(カルピス社が開発)

1歳から12歳までのアトピーに悩まされているお子さんに、8週間摂取してもらったところ、大幅な改善効果が確認されたと報告されています。

このほかにもK-2株(亀田製菓が開発)、L-55株(オハヨー乳業が開発)などの乳酸菌にも同様のアトピー改善効果が報告されているようです。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加