PA-3乳酸菌について

PA-3乳酸菌の驚くべき効果とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

PA-3乳酸菌


明治プロビオヨーグルトPA-3は、ひときわ目を引く黄色いパッケージと「プリン体と戦う乳酸菌」という非常にインパクトのあるキャッチフレーズでもおなじみです。その名が示す通り、明治プロビオヨーグルトPA-3には、PA-3乳酸菌が含まれています。今回は、このPA-3乳酸菌の驚くべき効果についてお伝えします。

まずはプリン体について知りましょう


プリン体とは、主に人間の体内で生成されていて、細胞の中に存在する遺伝子を構成している成分です。プリン体は、エネルギー代謝や細胞の増殖などに利用されます。利用されずに余ったプリン体は尿酸に変化して、尿と一緒に排出されます。

プリン体は、生命を維持する上で必要不可欠な成分ですが、必要以上に摂りすぎてしまった場合、尿酸値が上がり、痛風を発症する引き金になるとされています。

痛風とは、激痛を伴う関節炎を引き起こす病気です。尿路結石や腎臓などに障害が起こる場合もあるようです。プリン体の過剰摂取によって、増えすぎた尿酸が尿と一緒に排出されずに余ってしまった場合に、その余った尿酸が結晶となって、体内に溜まってしまうことが最大の要因とされています。

スポンサーリンク


食品からのプリン体の摂りすぎに注意!


私たちは、毎日、体内で生成されるプリン体に加え、食事からもプリン体を摂取しています。食事からプリン体を摂りすぎてしまった場合、尿酸を増やし、尿酸値を上げてしまうことになり、痛風を発症するリスクが増大します。

プリン体は、非常に数多くの食品に含まれています。特に、レバ―や魚の干物、しらこなどに多く含まれているようです。

プリン体の過剰摂取を防ぎ、尿酸値の上昇を抑え、痛風を予防するためには、「食品からのプリン体の摂りすぎなようにすること」が非常に大切になるようです。特に、よくお酒を飲む方の場合は、アルコールの作用も加味され、尿酸値がさらに上がりやすくなり、痛風の危険性が増大するようです。

PA-3乳酸菌と、その驚くべき効果とは?


PA-3乳酸菌は、プリン体にアプローチできる乳酸菌で正式名称は、ラクトバチルスカゼリPA-3といいます。PA-3乳酸菌は、株式会社明治が独自に保有する実に数千種類もの乳酸菌の中から、選び抜いた乳酸菌の菌株のことです。

PA-3乳酸菌は、乳酸菌なので、他の乳酸菌のように腸内環境を改善して、善玉菌を増やし、お腹の調子をよくする効果ももちろん期待できます。

それに加え、PA-3乳酸菌は、乳酸菌の研究を進めている中で、プリン体に直接アプローチして、プリン体の主要成分を体内に吸収されにくい形に分解し、自らの体内に取り込むことが確認されたのです。さらに他のプリン体の構成成分も自らの菌体に取り込んでエサにして、増殖することも実験で明らかになりました。

他の種類の乳酸菌には、今のところ、プリン体に対するPA-3乳酸菌のような際立った効果は認められていないようです。まさに、これこそが、PA-3乳酸菌の驚くべき効果だといえます。

尿酸値が高めで、プリン体の摂りすぎが気になるような方は、特におすすめできる乳酸菌といえそうです。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加