乳酸菌と牛乳について

牛乳に乳酸菌は含まれている?含まれていない?

このエントリーをはてなブックマークに追加

牛乳


ヨーグルトには乳酸菌が豊富に含まれていますが、同じ乳製品である牛乳にも、乳酸菌が含まれているのでしょうか?今回は、完全栄養食品といわれている牛乳と乳酸菌との関係、及び牛乳の腸内環境改善効果について、詳しくお伝えします。

牛乳


ひとことで牛乳といっても、その種類は実に豊富です。牛乳に該当する種類だけでも、成分無調整牛乳、成分調整牛乳、低脂肪牛乳、特別牛乳(特別に製造が許可されている生乳の状態が維持されている牛乳)、低温殺菌牛乳など、非常に数多く存在します。

牛乳に該当する製品は、100%生乳から作られているものだけのようです。加工乳として、カルシウムや鉄分、ビタミンなどが添加されたものは厳密には牛乳ではありません。生乳とは、牛から搾乳した状態の殺菌されていない状態の牛乳のことです。この生乳が、牛乳やヨーグルト、チーズなどの様々な乳製品の原料になります。

生乳の中には、生きた乳酸菌がたくさん含まれています。特別牛乳と低温殺菌牛乳以外の牛乳は、高熱で加熱処理されるために、その段階で乳酸菌は死滅してしまいます。生乳には、乳酸菌だけでなく、身体によくない雑菌も含まれているため、省令により殺菌する必要があるようです。

スポンサーリンク


牛乳に乳酸菌は含まれている?


特別牛乳と低温殺菌牛乳には、生きた乳酸菌が含まれていて、それ以外の牛乳には、死滅した乳酸菌が含まれているということになります。

特別牛乳と低温殺菌牛乳は、販売数が少なく、主流として販売されているのは高温殺菌されている牛乳です。ですから、「乳酸菌=生きている」という前提であれば、「牛乳には、一部をのぞき、乳酸菌は含まれていない」というのが正解になります。

生きている死んでいるに拘れなければ、「どの牛乳にも乳酸菌が含まれている」といことになります。

牛乳が腸内環境改善によい理由とは?


牛乳は、腸内の善玉菌を増やす成分がたくさん含まれているので、腸内環境改善効果が十分に期待できる飲み物といえるでしょう。

牛乳に含まれている乳酸菌は、死滅していても、腸内の善玉菌のエサとなって、その働きを助けるのに大いに役立ちます。

また、牛乳には、乳糖(ラクトース)という糖質も含まれています。この乳糖は、腸内の善玉菌であるビフィズス菌の好物でもあり、この乳糖を餌にして、ビフィズス菌は、どんどん増えていきます。

乳糖を餌にして、乳酸、酢酸などの有機酸を産出します。この酸が悪玉菌の繁殖を抑えてくれるのです。さらに有機酸は、腸のぜん動運動を刺激して、スムーズな排便を促す働きもあります。

さらに牛乳に含まれているタンパク質(K−カゼイン)は、消化されるとカゼイングリコペプチドという成分になるのですが、その成分にも、ビフィズス菌の繁殖を助ける働きがあるようです。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加