乳酸菌の寿命について

乳酸菌の寿命は短い!こまめに摂取しよう

このエントリーをはてなブックマークに追加

乳酸菌の寿命


心身の健康の維持するためには、腸内細菌の善玉菌を増やし、悪玉菌の勢力を十分に抑えこめる腸内環境を維持しておくことが非常に重要です。そのためには、腸内の善玉菌の99.9%を占めるビフィズス菌を増やすためのサポートをしてくれる乳酸菌をこまめに摂取する生活を続けていくことが大切になります。

しかし、実際問題、たとえどんなに大量の乳酸菌を摂取したとしても、単純に摂取した分だけの乳酸菌が増えて、そのまま腸内に棲みついてくれるというわけにはいかないようです。

乳酸菌は寿命は短くても腸内でよい働きをしてくれる


食品として摂取した乳酸菌は、その多くが胃酸や胆汁などで死滅しています。「生きたまま腸に届く」と謳われている乳酸菌も数多く存在していますが、その寿命(腸内で生存できる期間)はとても短く、およそ3日間から1週間で便と一緒に排出されてしまいます。

中には、ガゼリ菌SP株(ヒト由来の乳酸菌)のように、およそ3か月後も腸内で生存していることが確認された菌も存在するようですが、元々腸内に定住しているビフィズス菌にのように、腸内に棲みつく(定住して増殖する)のは非常に困難なようです。

スポンサーリンク


寿命は短いとはいえ、摂取した乳酸菌は、腸内で生存している間は、元々棲みついているビフィズス菌が活動しやすいように悪玉菌の繁殖を抑えたり、ビフィズス菌のエサになって増殖を手助けするなどのよい働きをしてくれています。

尚、生きたまま腸内に届いて、そこで数々の有益な働きをしてくれる乳酸菌を含んでいる食品や医薬品、健康食品は、プロバイオティクスと呼ばれています。

生きたまま届かなくても腸内で良い働きをしてくれる


食品として摂取した乳酸菌は、たとえ胃酸で死んでしまって、生きたまま腸に届かなくても、それはそれで立派な働きをしてくれるようです。

死んだ乳酸菌は、有害物質を吸着して便と一緒に排出してくれます。また、腸内に棲むビフィズス菌のエサになって、増殖の手助けをしてくれます。

短命ゆえに摂り続けることが大切


食品等から摂取する乳酸菌は、摂取するのを止めると、短期間で腸内からいなくなってしまいます。引き続き腸内で有益な働きをしてもらうためには、乳酸菌を絶えず食品等から摂取して、補給し続ける必要があるといえるでしょう。

発酵食品等で乳酸菌を補給

ヨーグルトや漬け物などの発酵食品を常に食事で摂り入れることは、腸内の乳酸菌を増やすための一定の効果が期待できます。特に漬け物に多く含まれている植物性の乳酸菌は、生きたまま腸に届きやすいです。

食物繊維、オリゴ糖でビフィズス菌を増やす

プレバイオティクスとも呼ばれている食物繊維(特に水溶性食物繊維)やオリゴ糖は、腸内のビフィズス菌のエサ(大好物)なので、それらを豊富に含む食品を補給し続けることも、腸内のビフィズス菌を増やす助けになります。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加