LG21乳酸菌について

LG21乳酸菌の驚くべき効果とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

LG21乳酸菌


LG21乳酸菌は、「リスクと戦う乳酸菌」のキャッチフレーズでのおなじみの明治プロビオヨーグルトLG21に含まれている乳酸菌で、多くの医師の方々の絶大な支持を得ています。いったいどのようなリスクと戦うことができるのでしょうか?その答えのヒントとなるのは、ピロリ菌のようです。では、これからさらに詳しくお伝えします。

LG21乳酸菌はどんなリスクと戦うの?


LG21乳酸菌は、ピロリ菌を減少させ、その働きを抑制する効果が認められています。「リスクと戦う乳酸菌」のリスクは、ピロリ菌が原因で発症されるとされている病気(胃炎、胃潰瘍や胃がんなど)の発病リスクのことです。

ピロリ菌は、胃の粘膜に棲みついて、毒素を発生し、その毒素が胃の粘膜を傷つけるとされています。その毒素に対して、免疫細胞が攻撃を仕掛けるため、その攻撃の余波で胃の粘膜はますます傷ついてしまい、結果、様々な炎症を起こしやすくなります。

スポンサーリンク


ピロリ菌は乳酸が苦手


LG21乳酸菌は、胃酸に強く、生きたまま胃の粘膜にくっついて、そこで増殖活動を行う際に、副産物としてたくさんの乳酸を生成します。

ピロリ菌は、この乳酸が大の苦手で、乳酸のある環境では生き延びることが非常に厳しくなるようです。

実際に、ピロリ菌に感染している人を対象に、毎日2個の明治プロビオヨーグルトLG21を食べ続けてもらうという実験を行った結果、2か月後には、対象者の80%の人のピロリ菌が減少し、また、胃炎などの症状が改善されたことが確認されたということです。

一般的な乳酸菌ではピロリ菌と戦えない?


腸内細菌を含め、乳酸菌と名のつく細菌は、すべて乳酸を生成することができます。ですから、どの乳酸菌もピロリ菌を減少させることが、理論上は可能です。

しかし、ピロリ菌は胃の粘膜に棲みついている菌なので、小腸を主な活動場所としている一般的な乳酸菌は、ピロリ菌を減少させる役目を果たせません。

ピロリ菌を減少させるためには、食品などから乳酸菌を摂取して、生きたまま胃にとどまって、そこで増殖活動を行って乳酸を産出してもらうことが必要になります。しかし、乳酸菌の大半は胃酸に弱く、胃腸にとどまることができないという難点があります。

LG21乳酸菌は、株式会社明治が独自に保有するおよそ2500種類以上という乳酸菌の中から、「胃酸に強い」「胃の中で生き抜く力が強い」「胃の粘膜に付着して乳酸を生成する」この条件を全て満たす乳酸菌として、選びに選びぬかれた乳酸菌なのです。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加