乳酸菌とラクトフェリンの違いについて

乳酸菌とラクトフェリンって何が違うの?

このエントリーをはてなブックマークに追加

ラクトフェリン


ラクトフェリンは、乳酸菌との共通点も多く、乳酸菌と似たような働きをすることから、乳酸菌と混同されがちです。しかし、両者には明確に違っている点があります。詳しくご説明します。

乳酸菌とラクトフェリンの共通点


乳酸菌もラクトフェリンも、「腸内環境を良好な状態に整える」という働きがあります。腸内環境が良好な状態に整えられることにより、免疫力が向上し、風邪などの感染症にかかりにくくなったり、アレルギー症状の予防改善など様々な波及効果が期待できます。

また、ラクトフェリンも乳酸菌も、どちらも腸内細菌の善玉菌であるビフィズス菌の栄養源となり増殖を手助けします。ビフィズス菌は、増殖する際に乳酸や酢酸などの有機酸を産出し、悪玉菌の繁殖を抑えてくれるので、ラクトフェリンも乳酸菌も悪玉菌の抑制に大いに貢献してくれているといえるでしょう。悪玉菌の増殖を抑えることは、もちろん、腸内環境の改善にもつながります。

さらに「熱や酸に弱い」という性質も共通点といえるでしょう。

スポンサーリンク


乳酸菌とラクトフェリンの相違点


乳酸菌とラクトフェリンの明確な相違点は、乳酸菌は細菌という「生物」であり、ラクトフェリンは糖タンパク質という「物質」であるという点です。乳酸菌は、生きている間は腸内で増殖しますが、ラクトフェリンは、物質なので増えることはありません。

また、ラクトフェリンには、食物に含まれる鉄分と結びつく力が極めて強力であるという性質があります。この性質により、腸内細菌の悪玉菌の増殖を抑えることができるようです。これは悪玉菌の多くは、鉄分がないと生きられず、腸内にラクトフェリンが多ければ多いほど、その分、鉄分を奪いとられてしまい、生存が厳しくなるからという理由です。

善玉菌である乳酸菌やビフィズス菌は、それほど鉄分を必要としないので、あまり影響はないようです。尚、ラクトフェリンによって鉄分が体内に吸収されやすくなるので、貧血を予防できます。

この他にもラクトフェリンは、C型肝炎ウィルス改善効果をはじめ、様々なウィルスの活動をストップさせる効果があるようです。

さらには、中性脂肪やコレステロールを減らすなど、優れたダイエット効果があることでも知られています。

乳酸菌とラクトフェリンは相性抜群?


実は、乳酸菌とラクトフェリンは共通点も多いことから、相性は抜群といえるほど理想的な組み合わせといえそうです。乳酸菌とラクトフェリンがタッグを組むことで、腸内環境改善のためのダブルの効果が期待できます。

ラクトフェリンが含まれる食品としては、ナチュラルチーズやヨーグルト、低温殺菌牛乳などがあるようですが、市販されているものの多くは、熱処理がされ、ラクトフェリンが破壊されているため、効果はあまり期待できないようです。

尚、森永乳業のラクトフェリンヨーグルトや、ラクトフェリンのサプリメントなどには、一定の量(100ミリグラム)のラクトフェリンが含まれているので、効率的に乳酸菌もラクトフェリンも摂取したい方にはおすすめです。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加