乳酸菌の蕁麻疹への効果について

蕁麻疹に乳酸菌が効くって本当?

このエントリーをはてなブックマークに追加

蕁麻疹


乳酸菌を積極的に摂取することで、蕁麻疹の発症を防いだり、蕁麻疹の不快な症状を緩和する効果が期待できるようです。なぜ、乳酸菌でそのようなことが可能になるのでしょうか?その理由について詳しくお伝えします。

蕁麻疹について


蕁麻疹は、大きく分けて2つのタイプがあります。アレルギー性の蕁麻疹と、非アレルギー性の蕁麻疹です。

アレルギー性の蕁麻疹

特定の食物や植物、薬などの化学物質が原因で起こる蕁麻疹です。特定の物質が体内に入りこむと、免疫システムが過剰反応して、結果、湿疹や猛烈なかゆみなどの症状があらわれます。

非アレルギー性の蕁麻疹

アレルギー性蕁麻疹に該当しない蕁麻疹の総称です。主に物理的な刺激、ストレス、発汗等が原因では起こる蕁麻疹ですが、原因が特定できない蕁麻疹なども含まれるようです。中には、肝炎などの内臓疾患が原因で起こる蕁麻疹もあり、精密検査が必要な場合もあるので、その点は注意が必要です。

乳酸菌によって優れた効果が出やすいのは、アレルギー性の蕁麻疹の方だと考えられています。

スポンサーリンク


アレルギー性蕁麻疹と免疫バランスの深い関係


アレルギー性の蕁麻疹は、腸の免疫システムのバランスが崩れることによって引き起こされるようです。

免疫システムの構成員である免疫細胞には、外敵への攻撃に対して司令塔のような役割をしているT細胞があります。さらにT細胞には、感染症担当(Th1)とアレルギー担当(Th2)と攻撃力の調整役(Treg)などの細胞が存在します。

この免疫システムのバランスが崩れると、アレルギー担当(Th2)が暴走して本来外敵でない相手に対してまで攻撃することになったり、それを調整役(Treg)が制御しきれなくり、その結果、湿疹やかゆみなどの蕁麻疹の症状が引き起こされてしまうようです。

乳酸菌には、この腸の免疫システムのバランスを適切な状態に整える働きがあることが、数々の研究から明らかになっています。

悪玉菌の多い乱れた腸内環境では、善玉菌の力が弱まっているために、免疫システムのバランスも崩れやすくなり、アレルギー性の蕁麻疹をはじめ、数々のアレルギー疾患を発症しやすくなるようです。

腸内の善玉菌にしっかりと働いてもらうために


蕁麻疹を予防したり、症状を緩和するためには、腸内環境を良好な状態に整えて、腸内の善玉菌にしっかりと働いてもらう必要があるといえるでしょう。

乳酸菌を豊富に含む食品を、毎日の食生活に意識して摂り入れることは、腸内に生息している善玉菌の仲間を増やすことに繋がります。

乳酸菌は薬ではないので、速攻性はあまり期待できないかもしれません。しかし、乳酸菌を含む食品を日々摂取することは、普段から蕁麻疹を発症しやすい人は特に、予防という観点からも、十分に有意義であるといえるでしょう。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加