乳酸菌による二日酔いの予防について

乳酸菌で二日酔いが予防できるって本当?

このエントリーをはてなブックマークに追加

二日酔い


日本では、二日酔いの予防としては、しじみの味噌汁やウコン含有飲料などがよく知られていますが、海外では、二日酔いの予防に乳酸菌を摂ることが慣例になっている国も多いようです。例えば、 ドイツではサワークラフト、韓国では水キムチ、ロシアではピクルスの漬け汁、ブルガリアでは水に薄めたヨーグルトなどが、二日酔いの予防に積極的にとられているようです。すべて乳酸菌が豊富に含まれている食べものばかりです。

今回は、乳酸菌が二日酔いの予防にどのように関わってくるかについてお伝えします。

予防の基本は適量を知ること


二日酔いのメカニズムの詳細は、未だに解明されていないようですが、肝臓がアルコールを処理しきれないこと(すなわち飲みすぎ)が原因で二日酔いになることだけは確かなようです。

飲酒によって発生するアセトアルデヒドという有害物質をうまく処理しきれなかった場合、二日酔いを起こしやすくなるようです。このアルコールの処理能力には、個人差があり、人それぞれに限界が決まっているようです。アルコール処理能力の限界を超える量の飲酒をすれば、二日酔いを起こしやすいということになります。

二日酔いを予防するためには、まずは自分の適量(=アルコール処理が可能な量)を知っておき、適量を超えすぎない飲み方を心がけるということが基本中の基本といえそうです。

その基本をふまえた上で、飲酒の前後に乳酸菌を含む食品を摂取すると、より高い二日酔い予防効果が期待できるといえそうです。

スポンサーリンク


腸内環境のよしあしと二日酔いの関係


肝臓が元気に働いてくれてさえいれば、せっせとアルコールを分解してもらえるということになります。アルコール処理能力に個人差があるとはいえ、肝臓が元気なら少々飲みすぎた場合も、うまくアルコールを処理してもらえるので、ひどい二日酔いを防ぐことが可能になります。

良好な腸内環境は、乳酸菌が元気に働いてくれているので、悪玉菌の繁殖を抑えることができ、その分、悪玉菌による有害物質の発生も抑えることができます。肝臓は、腸内で抑えきれなかった有害物質を解毒する働きがあるため、有害物質の発生が少なければ少ないほど、肝臓の負担は軽くなるというわけです。

乳酸菌を含む食品を積極的に摂取することは、腸内細菌の善玉菌を増やすことにつながります。その結果、腸内環境が良好な状態に保たれ、肝臓の負担が軽くなる分、アルコール処理も順調に進み、二日酔いになりにくい、という図式が成立します。

さらに研究により、肝臓の働きをよくするオルニチン(しじみに多く含まれているアミノ酸)を生成する乳酸菌(Lブレビス9E53)も発見されているようです。

日頃から乳酸菌を増やし腸内環境を整えておくことが大事


悪玉菌の多い劣悪な腸内環境だと、乳酸菌による二日予防効果も得にくくなるようです。

悪玉菌による有害物質の解毒のために肝臓の負担も大きくなっています。悪玉菌が多ければ多いほど、二日酔いの予防として一時的に乳酸菌を送りこんでも間に合わず、二日酔いになりやすいということです。

やはり、乳酸菌による二日酔い予防効果を十分に得るためには、飲酒のときだけでなく、常日頃から乳酸菌を含む食品を摂取して、悪玉菌の繁殖を抑え、腸内環境を良好な状態に整えておくことが必要だといえるでしょう。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加