クレモリス菌FC株について

クレモリス菌FC株の驚くべき効果とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

クレモリス菌FC株


クレモリス菌FC株は、かつて一大ブームを巻き起こしたことでも知られている「カスピ海ヨーグルト」の種菌になっている乳酸菌です。現在は、フジッコから販売されている「善玉菌のチカラ」や「カスピ海ヨーグルト」に含まれています。今回は、このクレモリス菌FC株の驚くべき効果についてお伝えします。

クレモリス菌FC株とは?


クレモリス菌FC株は、それまで日本にはなかった乳酸菌で、家森博士が持ち帰ったことがきっかけで、日本に広まることになりました。家森博士は、京都大学名誉教授で予防栄養医学の権威でもあります。健康長寿の秘密を探るために、長寿村で有名なカスピ海に面したコーカサス地方を訪れた家森博士は、そこで常食されている自家製ヨーグルトを持ち帰りました。

家森博士は、そのヨーグルトの中に含まれている乳酸菌の中から、優れた働きをする乳酸菌の菌株を分離培養しました。それがをクレモリス菌FC株だったということです。

クレモリス菌FC株は、プロバイオティクス乳酸菌として、生きたまま腸まで届くことが、研究によって実証されています。

スポンサーリンク


クレモリス菌FC株の特徴


クレモリス菌FC株の特徴として最も顕著といえるのは、発酵の際に副産物としてEPS(免疫力を高める効果もある粘りを出す成分)を生成するという点です。EPSカスピ海ヨーグルトの独特の粘りは、このEPSによるものです。

そして、このEPSには、人間の健康に非常に有用な働きがあることが、数多くの研究よって明らかになっているようです。クレモリス菌FC株は、数ある乳酸菌の中でもこのEPSを生成する働きが際立っているということになります。

クレモリス菌FC株の驚きの効果とは?


クレモリス菌FC株は、生きて腸まで届く乳酸菌なので、摂取することによって、他の生きて腸まで届く乳酸菌と同等の効果(腸内で乳酸を生成し、悪玉菌が繁殖できない環境を作る)が得られます。それに加え、クレモリス菌FC株が腸内で生きて発酵活動する際に産出するEPSからも、素晴らしい効果が得られると考えられます。

以下は、クレモリス菌FC株を含むカスピ海ヨーグルトを摂取することによって実証済みの効果です。

1.整腸(腸内環境改善)効果

高齢者や女子大生を対象にした検証から、便秘解消に優れた効果があることが実証されています。

2.糖尿病予防効果

EPSによる効果です。EPSには、食後の血糖値の上昇を緩やかにする働きがあり、糖尿病の予防・改善効果が期待できます。

3.メタボリックシンドローム予防改善効果

クレモリス菌FC株に、中性脂肪やコレステロールを減らす働きが認められています。

4.アレルギー改善効果

免疫細胞を活性させる働きにより、アトピーや花粉症などのアレルギー疾患の予防改善効果が期待できます。健康な高齢者70名を対象として検証から、血液中のIgEレベルが低下することが確認されています。IgEレベルが高いとアレルギーを発症しやすいとされています。

5.免疫力強化

免疫力を強化する効果は、クレモリス菌FC株にもEPSにもその働きが認められているようです。一般市民70名を対象にした検証から、インフルエンザや風邪の予防改善効果が明らかになっています。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加