1073R-1乳酸菌について

1073R-1乳酸菌の驚くべき効果とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

1073R-1乳酸菌


「強さ引き出す乳酸菌」というキャッチコピーで有名な明治プロビオヨーグルトR-1は、一時期入手困難なほど、買い求める人が殺到しました。注目を浴びることになったのは、このヨーグルトに含まれている1073R-1乳酸菌です。今回は、この1073R-1乳酸菌の驚くべき効果についてお伝えします。

1073R-1乳酸菌は特許を取得している乳酸菌


1073R-1乳酸菌は、株式会社明治が独自に発見し、開発した乳酸菌です。1073R-1乳酸菌は、ブルガリア菌に属している乳酸菌で、「ラクトバチルスブルガリスクOLL1073R-1株」というのが正式名称のようです。株式会社明治は、1073R-1乳酸菌の特許を取得しています。すなわち、1073R-1乳酸菌を使用してヨーグルトを作ることができるのは、明治だけということです。

スポンサーリンク


1073R-1乳酸菌は選び抜かれた乳酸菌


ヨーグルトの大手メーカーでもある明治が保有している乳酸菌の数は、およそ2500種類以上と実に膨大ですが、その中でも1073R-1乳酸菌は、長年の研究の末に、特に優れた健康効果が望めるとして選び抜かれた乳酸菌のようです。

明治は、他にも非常に多くの種類のヨーグルトを販売していますが、1073R-1乳酸菌が含まれているヨーグルトは、明治プロビオヨーグルトR-1だけのようです。このヨーグルトは、開発から販売に至るまで、実に30年もの歳月がかけられているということです。

1073R-1乳酸菌


特に注目すべきなのは、1073R-1が作り出すEPS(多糖体)にあるようです。EPSは、免疫システムを活性化させる働きのある成分で、きのこや海藻類、野菜などにも含まれています。例えば、オクラやめかぶ、なめこ、納豆、サトイモ、長芋、バナナなどに含まれるネバネバした成分がEPS(多糖体)です。

EPS(多糖体)は、免疫システムの中で、特に最前線で働くNK細胞をよりパワーアップさせる働きがあり、その結果、風邪などの感染症を予防したり、インフルエンザなどのウイルスを撃退する力が強まるとされています。実際、EPS(多糖体)の優れた働きについては、様々な実験から明らかになっているようです。

1073R-1乳酸菌は、乳酸菌なので他の乳酸菌と同じ働きが期待できますが、中でも、EPS(多糖体)をたくさん産出できる=免疫力を強化できる、という点が、際立って優れているようです。その点が、特許を取得できるほどの1073R-1乳酸菌の最大の特徴であり、最大の強みといえるのかもしれません。

「強さ引き出す乳酸菌」というキャッチコピーは、非常に的を得た表現であるといえるでしょう。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加