乳酸菌について

乳酸菌について

乳酸菌とは?主な働きと種類について

便宜上、糖類などを分解して、乳酸を生成する細菌が「乳酸菌」としてひとくくりにされています。今回は、「乳酸菌」に該当する細菌に共通している働きや、膨大ともいえる「乳酸菌」の種類の中から、私たちにとって身近といえる乳酸菌をご紹介します。乳酸菌について腸内細菌の中で、ビフィズス菌と並び善玉菌の代表選手のよ...

≫続きを読む

乳酸菌の寿命は短い!こまめに摂取しよう

心身の健康の維持するためには、腸内細菌の善玉菌を増やし、悪玉菌の勢力を十分に抑えこめる腸内環境を維持しておくことが非常に重要です。そのためには、腸内の善玉菌の99.9%を占めるビフィズス菌を増やすためのサポートをしてくれる乳酸菌をこまめに摂取する生活を続けていくことが大切になります。しかし、実際問題...

≫続きを読む

乳酸菌と人には相性がある!自分に合う乳酸菌を見つけよう

市場では、ヨーグルトをはじめとする実に様々な種類の乳酸菌が含まれる食品が販売されています。その数はあまりにも多く、正直どの乳酸菌を選べばよいのか迷ってしまうくらいです。選ぶ際には、口コミなども参考になりますが、大半の人が「よく効く!」と高い評価を与えられた乳酸菌を試しても、「自分にはさっぱり効かなか...

≫続きを読む

乳酸菌は熱に弱い?加熱や冷凍で死滅する?

ヨーグルトなどの乳酸菌がたくさん含まれている食品を加熱した場合、逆に冷凍した場合、中の乳酸菌は死滅してしまうのでしょうか?死滅した乳酸菌を摂取しても無意味なのでしょうか?そこで今回は、乳酸菌を加熱した場合と冷凍した場合に関する様々な疑問にお答えします。乳酸菌を加熱するとどうなるの?通常、熱に弱いとい...

≫続きを読む

乳酸菌は毎日、朝と夜に摂取したほうがいい?

腸内環境を良好な状態に維持するために、乳酸菌は、毎日摂取したほうがよいのでしょうか?また、1日のうち朝と夜では、どちらが効果的なのでしょうか?今回は、摂取頻度、摂取方法、摂取時間帯など、乳酸菌に関する様々な疑問についてお答えします。疑問その1 乳酸菌は毎日摂取したほうがいいの?ヨーグルトや乳酸菌飲料...

≫続きを読む

乳酸菌を過剰摂取すると副作用がある?

私たちの健康のために幅広く貢献してくれている乳酸菌ですが、過剰摂取した場合の副作用については、やはり気になるところでしょう。そこで今回は、乳酸菌を過剰摂取した場合、副作用が起こるのかどうかについて、詳しく説明をしましょう。乳酸菌を過剰摂取した場合の副作用は?乳酸菌だけを過剰摂取しても、基本的には、副...

≫続きを読む

妊婦の乳酸菌の摂取と子供のアトピーについて

アトピー性皮膚炎に悩まされる人は、年々、増加傾向にあるようです。特に、新生児のアトピー性皮膚炎の発症率は、非常に増えていて問題視されています。アトピー性皮膚炎は、遺伝と深く関わっていると考えられ、両親(特に母親)がアトピーの場合は、高い確率でその子供もアトピーを発症するというのが通説になっているよう...

≫続きを読む

赤ちゃんに乳酸菌を含む食品を与えても大丈夫?

ヨーグルトや乳酸菌飲料、発酵食品などの乳酸菌を含む食品は、腸内の善玉菌を増やして、腸内環境を良好な状態に保つために積極的に摂取することが望ましいといわれています。では、赤ちゃんの場合はどうなのでしょう?離乳食が始まれば、赤ちゃんにも乳酸菌を含む食品を積極的に与えたほうがよいのでしょうか?答えはイエス...

≫続きを読む

乳酸菌で二日酔いが予防できるって本当?

日本では、二日酔いの予防としては、しじみの味噌汁やウコン含有飲料などがよく知られていますが、海外では、二日酔いの予防に乳酸菌を摂ることが慣例になっている国も多いようです。例えば、 ドイツではサワークラフト、韓国では水キムチ、ロシアではピクルスの漬け汁、ブルガリアでは水に薄めたヨーグルトなどが、二日酔...

≫続きを読む

蕁麻疹に乳酸菌が効くって本当?

乳酸菌を積極的に摂取することで、蕁麻疹の発症を防いだり、蕁麻疹の不快な症状を緩和する効果が期待できるようです。なぜ、乳酸菌でそのようなことが可能になるのでしょうか?その理由について詳しくお伝えします。蕁麻疹について蕁麻疹は、大きく分けて2つのタイプがあります。アレルギー性の蕁麻疹と、非アレルギー性の...

≫続きを読む

牛乳に乳酸菌は含まれている?含まれていない?

ヨーグルトには乳酸菌が豊富に含まれていますが、同じ乳製品である牛乳にも、乳酸菌が含まれているのでしょうか?今回は、完全栄養食品といわれている牛乳と乳酸菌との関係、及び牛乳の腸内環境改善効果について、詳しくお伝えします。牛乳ひとことで牛乳といっても、その種類は実に豊富です。牛乳に該当する種類だけでも、...

≫続きを読む

乳酸菌とラクトフェリンって何が違うの?

ラクトフェリンは、乳酸菌との共通点も多く、乳酸菌と似たような働きをすることから、乳酸菌と混同されがちです。しかし、両者には明確に違っている点があります。詳しくご説明します。乳酸菌とラクトフェリンの共通点乳酸菌もラクトフェリンも、「腸内環境を良好な状態に整える」という働きがあります。腸内環境が良好な状...

≫続きを読む

牛乳アレルギーでも乳酸菌サプリは摂取できる?

牛乳アレルギーの場合、牛乳はもちろんのこと、牛乳から作られるヨーグルト、チーズなども食べることができません。ヨーグルトもチーズも乳酸菌が豊富に含まれているので、効率よく乳酸菌を摂取することができますが、牛乳アレルギーの方は、それらの乳製品から乳酸菌を摂取することができないので、どうしても不足してしま...

≫続きを読む

1073R-1乳酸菌の驚くべき効果とは?

「強さ引き出す乳酸菌」というキャッチコピーで有名な明治プロビオヨーグルトR-1は、一時期入手困難なほど、買い求める人が殺到しました。注目を浴びることになったのは、このヨーグルトに含まれている1073R-1乳酸菌です。今回は、この1073R-1乳酸菌の驚くべき効果についてお伝えします。1073R-1乳...

≫続きを読む

乳酸菌シロタ株の驚くべき効果とは?

ヤクルトは、昭和10年に商品化され、以来、現在に至るまで、実に80年以上ものロングセラーを続けています。お子さんからお年寄りまで幅広い年代層に愛飲されているヤクルトですが、このヤクルトに含まれている乳酸菌シロタ株には、実に驚くべきほどの様々な効果が実証されているようです。乳酸菌シロタ株について乳酸菌...

≫続きを読む

PA-3乳酸菌の驚くべき効果とは?

明治プロビオヨーグルトPA-3は、ひときわ目を引く黄色いパッケージと「プリン体と戦う乳酸菌」という非常にインパクトのあるキャッチフレーズでもおなじみです。その名が示す通り、明治プロビオヨーグルトPA-3には、PA-3乳酸菌が含まれています。今回は、このPA-3乳酸菌の驚くべき効果についてお伝えします...

≫続きを読む

L-92乳酸菌の驚くべき効果とは?

「カラダにピース」のキャッチフレーズでもおなじみのカルピスは、大正生まれで、日本で最初に発売された乳酸菌飲料でもあるようです。今回は、人々の健康のために長年に渡って乳酸菌研究を行っているカルピスの研究機関が発見したL-92乳酸菌の数々の効果についてご紹介します。L-92乳酸菌とはカルピスの研究機関で...

≫続きを読む

LG21乳酸菌の驚くべき効果とは?

LG21乳酸菌は、「リスクと戦う乳酸菌」のキャッチフレーズでのおなじみの明治プロビオヨーグルトLG21に含まれている乳酸菌で、多くの医師の方々の絶大な支持を得ています。いったいどのようなリスクと戦うことができるのでしょうか?その答えのヒントとなるのは、ピロリ菌のようです。では、これからさらに詳しくお...

≫続きを読む

LB81乳酸菌の驚くべき効果とは?

「明治ブルガリアヨーグルト」は、特定保健用食品としての認可を1996年に当時の厚生省から受けています。そしてこの明治ブルガリアヨーグルトに含まれているのがLB81乳酸菌です。LB81乳酸菌の、科学的にも実証されている数々の効果についてお伝えします。LB81乳酸菌とは?LB81乳酸菌という種類の乳酸菌...

≫続きを読む

ガセリ菌SP株の驚くべき効果とは?

乳酸菌ガセリ菌SP株は、「長くとどまる乳酸菌」のキャッチフレーズが示す通り、生きたまま腸に届いて、しかも腸内に長い期間棲みつくことができるという際立った特性を持っている乳酸菌です。今回は、このガセリ菌SP株の驚くべき効果についてお伝えします。多くの乳酸菌は腸内で生き残れない?乳酸菌にはたくさんの種類...

≫続きを読む

クレモリス菌FC株の驚くべき効果とは?

クレモリス菌FC株は、かつて一大ブームを巻き起こしたことでも知られている「カスピ海ヨーグルト」の種菌になっている乳酸菌です。現在は、フジッコから販売されている「善玉菌のチカラ」や「カスピ海ヨーグルト」に含まれています。今回は、このクレモリス菌FC株の驚くべき効果についてお伝えします。クレモリス菌FC...

≫続きを読む