カイテキオリゴについて

カイテキオリゴなら腸内環境を一撃で改善できます!

このエントリーをはてなブックマークに追加

腸よしお


 

こんにちは。腸内細菌のちからのサイト管理人の腸よしおです。このページでは、僕のイチオシであるカイテキオリゴの腸内環境を改善する効果について、詳しく解説をしいてます。

カイテキオリゴとは?


カキテキオリゴのイメージ


カイテキオリゴは日本で一番売れているオリゴ糖です。オリゴ糖には、腸内細菌の善玉菌のエサとなり、その数を増やしてくれる働きがありますが、カイテキオリゴは、より効率的に腸内の善玉菌を増やせるように加工された、腸内環境の改善効果の極めて高いオリゴ糖です。老若男女問わず人気のある商品です(食品添加物も含まれていないので、妊婦さんや赤ちゃん、授乳中の方も安心して摂取できます)。

カキテキオリゴは、ヨーグルトやコーヒー、緑茶や紅茶に入れて飲んだり、料理に加えることもできますので、手軽に摂取することができます。

「カイテキオリゴなら腸内環境を一撃で改善できます!」と言ってしまうと、ちょっと言い過ぎかもしれませんが、個人的には本当にすごくおすすめです。

なぜカキテキオリゴがイチオシなのか?


腸よしおがカイテキオリゴをイチオシする理由は、カイテキオリゴが複数の種類のオリゴ糖を組み合わせて作られた複合型のオリゴ糖であり、腸内の代表的な善玉菌であるビフィズス菌の絶対数を一般のオリゴ糖よりもはるかに効率的に増やすことができるからです。

腸内の善玉菌にはたくさんの種類がありますが、そのほとんどはビフィズス菌です。ビフィズス菌が腸内の善玉菌に占める割合は99%以上であり、腸内のビフィズス菌の絶対数をいかに増やせるか否かが、腸内環境を改善できるか否かに大きく関わってきます。

腸内の善玉菌の99%以上を占めるビフィズス菌ですが、30種類以上の種類があります。例えば、ビフィダム菌、ロングム菌、アドレスセンティス菌などが代表的なビフィズス菌です。

オリゴ糖は腸内でビフィズス菌のエサとなり、ビフィズス菌の増殖活動ををサポートしてくれますが、皮肉なことにビフィズス菌にはそれぞれ好みがあり、あるビフィズス菌は特定の種類のオリゴ糖はエサにするけど、それ以外はエサにしない。というような感じで、好き嫌いがあるのです。

もっとわかりやすく説明をすると、オリゴ糖には複数の種類があり、ビートオリゴ糖、フラクトオリゴ糖、ガラクトオリゴ糖などが代表的ですが、ビフィズス菌にはそれぞれ好みがあり、ビフィダム菌(ビフィズス菌の一種)はビートオリゴ糖を食べるけど、フラクトオリゴ糖は食べない。ロングム菌(ビフィズス菌の一種)はフラクトオリゴ糖は食べるけど、ガラクトオリゴ糖は食べない。というような感じで、ビフィズス菌にはそれぞれ好みがあるのです。

しかし、カイテキオリゴは複数の種類のオリゴ糖を組み合わせて作られた複合型のオリゴ糖なので、腸内で全ての種類のビフィズス菌のエサとなり、効率的にその数を増やすことができるのです。

市販のオリゴ糖なら、スーパーや薬局でも購入することができますが、市販のオリゴ糖は、どれも1種類のオリゴ糖から作られてるため、腸内の一部の種類のビフィズス菌を増やすことはできますが、全ての種類のビフィズス菌を増やすことはできないため、どうしても効果は限定されてしまいます。

⇒カイテキオリゴの公式サイトへ


カキテキオリゴはどんな効果が期待できる?


カイテキオリゴを毎日の生活に取り入れることで、ほとんどの方が最初に実感している効果が便秘の解消です。腸内の善玉菌の99%以上を占めるビフィズス菌の絶対数が増えれば、悪玉菌の数も減り、腸の働きは格段に良くなりますので、便秘に悩まされている方は、毎日トイレに行くのが楽しみになるでしょう。

また、腸内環境が善玉菌優位の良好な状態になることで、以下のような効果も期待できるでしょう。

  • 体脂肪が減る
  • 肌がキレイになる
  • 免疫力が高くなり、風邪を引きにくくなる
  • 花粉症やアトピーなどのアレルギー症状が緩和される
  • 口臭や体臭が気にならなくなる
  • 記憶力が良くなる
  • 抑うつ気分から解放され、やる気が出る
  • 薄毛の悩みが解消される
  • リウマチなどの関節痛がよくなる
  • 自閉症やADHDなどの発達障害がある場合は、症状が緩和される

腸内環境が良好になれば、代謝が良くなるため、太りにくくなりますし、腸内の悪玉菌が減ることで、悪玉菌が腸内で生み出す毒素が体中を巡らなくなれば、肌も今よりキレイになるでしょう。

また、腸には免疫細胞の6割〜7割が集中しているため、腸内環境が良好になると、免疫力が強くなり風邪などの感染症にかかりにくくなりますし、免疫異常が原因であるアレルギー(花粉症やアトピー)の症状も緩和されます。

腸は第二の脳と言われるほど、腸と脳は深くつながっていると言われていますが、腸内環境が良くなれば、脳の働きも良くなり、記憶力も良くなりますし、やる気も出るので、うつ病などの心の病気も改善されることが多いです。

つまり、カイテキオリゴを毎日の生活に取り入れて、善玉菌優位な良好な腸内環境を維持することで、トータルで健康になれるのです。

カイテキオリゴのおすすめの摂取方法 その@:ヨーグルト


ヨーグルトとカイテキオリゴ


カイテキオリゴをヨーグルトに加えて食べると、より腸内環境を良好に保てるようになります。ヨーグルトには乳酸菌がたくさん含まれていますが、乳酸菌は腸内を酸性にし、悪玉菌が繁殖しにくい腸内環境づくりに一役買ってくれます。更に善玉菌のエサとなるカイテキオリゴを加えることで、悪玉菌は減り、善玉菌は増えるという理想的な効果を同時に得ることができるのです。

市販のヨーグルトにはたくさんの種類がありますが、どれでもOKです。市販のヨーグルトには、さまざまなタイプの乳酸菌が含まれていますが、どのタイプの乳酸菌も腸内を酸性に保ち、悪玉菌の繁殖を抑えてくれる効果はあります。尚、どのヨーグルトにも「ブルガリア菌」と「サーモフィルス菌」という2つの乳酸菌は必ず含まれています。お好きなヨーグルトを選んでください。

カイテキオリゴのおすすめの摂取方法 そのA:コーヒー・紅茶


コーヒーとカイテキオリゴ


コーヒーや紅茶にはカフェインが豊富に含まれていますが、カフェインには腸の蠕動運動を活発にしてくれる働きがあります。また、コーヒーに含まれるクロロゲン酸や紅茶に含まれる紅茶ポリフェノールには、善玉菌を増やす効果もあります。コーヒーや紅茶の整腸作用とカイテキオリゴの相乗効果で、より強力に腸内環境を改善することができます。

カイテキオリゴと相性のよい食品として、ヨーグルトとコーヒー・紅茶をおすすめしていますが、必ずしもこれらの食品と一緒にカイテキオリゴを摂取しないと、効果を実感できないというわけではありません。乳製品が苦手な人が無理にヨーグルトを食べる必要はありませんし、コーヒーや紅茶が飲めない人は、緑茶やジュース、水などの飲み物に加えて飲んだり、料理を作る際に、甘味料として砂糖の代わりにカイテキオリゴを加えるのもOKです。

以上となりますが、カイテキオリゴの体験談、値段や効果について詳しく知りたい方は、以下のリンクから公式サイトへお進み下さい。

⇒カイテキオリゴの公式サイトへ


このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事