腸内細菌の免疫力や病気への影響について

腸内の善玉菌、悪玉菌の免疫力や病気への影響について

このエントリーをはてなブックマークに追加

免疫力


腸内に存在する腸内細菌の中で、善玉菌と悪玉菌のそれぞれの占める割合は、免疫力とも大きく関わってきます。善玉菌の割合が多く、優勢な場合は免疫力が上がり、健康が保てます。逆に悪玉菌の割合が多くなり、その力が強くなると、免疫力が下がり、様々な病気を引き起こしやすくなります。

では、なぜそうなってしまうのでしょうか?これからさらに詳しくご説明します。

免疫力は免疫細胞の働きぶりにかかっている


免疫細胞は、私たちの健康を守ってくれる心強い存在です。免疫細胞には、いくつか種類があり、それぞれの役割を担っていて、うまく連携し合って、細菌やウィルスなどの病原体が身体の中に侵入するのを阻止してくれています。

免疫力は、この免疫細胞がどのくらい頑張って働いてくれるかで違ってくるのです。

免疫力が高い=免疫細胞が元気で活躍できるている状態で、免疫力が低い=免疫細胞の働きが鈍っている状態と考えられます。

そして、この免疫細胞は、私たちの身体の中で、腸内に集中しているといえるほど、大多数が腸内に存在しています。身体全体の中で、腸の免疫細胞が占める割合は、60%〜70%といわれています。

これだけの数の免疫細胞が腸内に存在しているわけですから、腸内において、免疫細胞が元気で活躍してくれるのと、そうでないのとでは、免疫力に明らかな違いが出てくるのは、当然といえるでしょう。

スポンサーリンク


善玉菌が優勢になると免疫力が上がるのはなぜ?


それは、ビフィズス菌に代表される善玉菌が優勢になると、腸内環境が免疫細胞にとって理想的といえる環境が整うからなのです。

免疫細胞にとって理想的な腸内環境とは、弱酸性の状態が保たれている環境とも言い換えることができます。

腸内環境が弱酸性の状態のときは、雑菌や病原菌が発生しづらくなるので、免疫細胞の負担も軽くなるということになります。

さらに、善玉菌は免疫細胞に直接働きかけて、パワーアップさせることもできます。善玉菌が多ければ多いほど、より多くの免疫細胞が元気になって活躍できる。その結果、ますます免疫力が向上し、より病気になりにくい健康体を維持できるというわけです。

悪玉菌が優勢になると免疫力が下がるのはなぜ?


それは、悪玉菌が優勢になると、腸内環境が免疫細胞にとって、過酷な環境になるためです。

悪玉菌が優勢になると、腸内はアルカリ性の状態に陥ります。この状態は、多くの病原菌が繁殖しやすい環境を作ってしまうことを意味します。

そのような環境では、免疫細胞たちもより多くの病原菌や雑菌を退治しなくてはならなくなり、仕事が増え疲れてきて元気もなくなります。

悪玉菌が優勢になると、日和見菌もがぜんその勢いに加担し、その結果、腸内環境はますます劣悪な環境になります。

当然、善玉菌の数も減り、その力も弱まってしまうため、善玉菌の応援を得られず、免疫細胞のパワーも弱まる、すなわち病気に対する免疫力も低下します。

風邪をひきやすい。口内炎ができやすい。肌が荒れている。やる気がなくなってしまう。そういった状態は、免疫力が下がっている兆候です。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事