ヨーグルトの腸内環境を整える効果について

ヨーグルトが腸内の善玉菌を増やし悪玉菌を減らす

このエントリーをはてなブックマークに追加

ヨーグルト


ヨーグルトは、腸内の善玉菌を増やす食品として代表的な存在です。数多くのメーカーから様々な種類のヨーグルトが販売されていますが、中には、特定保健用食品や機能性表示食品として、商品のパッケージに、はっきりと「善玉菌を増やしてお腹の調子を整える」という主旨の文面が表示されているヨーグルトも少なくありません。なぜ、ヨーグルトを食べると腸内の善玉菌が増え、悪玉菌が減るのでしょうか?詳しくて見ていきましょう。

ヨーグルトに豊富に含まれている乳酸菌が腸内の善玉菌を増やす


ヨーグルトを食べると腸内の善玉菌が増えて、悪玉菌が減るのは、やはりヨーグルトに豊富に含まれている乳酸菌の働きによるところが大きいです。

ヨーグルトに含まれている乳酸菌が腸内に届けば、腸内細菌として元々人の腸内に棲みついている善玉菌の働きを助け、善玉菌が増えやすい環境を整えるために役立ってくれます。

尚、ヨーグルトに含まれている乳酸菌は、生きたままの状態で届いた場合も、死んだ状態で届いた場合も、どちらも善玉菌を増やす効果が望めます。

生きたままの状態で腸に届いた乳酸菌は、元々腸内にいる善玉菌に加勢し、自らも発酵活動を行いながら腸内の酸を増やすことで、悪玉菌の繁殖を抑えることに貢献します。

死んだ状態で腸に届いた乳酸菌は、腸内の善玉菌であるビフィズス菌のエサとなって、善玉菌が増殖するためのエネルギー源になってくれます。さらに、食物繊維と同じように、腸内の腐敗物質や有害物質を吸着して、腸をクリーンにする働きも望めます。

酸の多い環境では、悪玉菌は生き延びることができません。ヨーグルトに含まれる乳酸菌によって、善玉菌が増えれば増えるほど、善玉菌が生み出す酸によって、腸内の悪玉菌は過酷な環境に追いやられ、その
数を減らすことになってしまいます。

市販されているヨーグルトの中には、生きたまま腸に届くビフィズス菌を添加しているものも多く、それらのヨーグルトは、乳酸菌との相乗効果により、善玉菌をさらに増やす効果が期待できます。

スポンサーリンク


乳酸菌の働きによるヨーグルトの健康効果


ヨーグルトの数ある健康効果の中で、やはり際立っているのは、便通改善効果といえるでしょう。ヨーグルトを食べて、善玉菌が増え、悪玉菌が減って腸内環境がよりよい状態に整えば、腸そのものの働きもよくなります。ぜん動も活発に働くようになるため、便通もよくなります。

また、腸の働きがよくなれば、腸に7割近く集中している免疫細胞たちの働きもよくなり、結果、免疫力がアップするため、感染症の予防やアレルギー疾患の症状を和らげるができます。

それぞれのヨーグルトに含まれている乳酸菌の種類によって、それぞれの乳酸菌特有の健康効果も望めるようです。例えば、内臓脂肪を減らすガゼリ菌SP株や、免疫力を上げるR1乳酸菌、アレルギーに効くL-92など、はっきりとその効能を謳ったヨーグルトも数多く市販されています。

今やヨーグルトは、効能別に選べる時代になってきているといえそうです。

乳酸菌以外の栄養素によるヨーグルトの健康効果


ヨーグルトには、乳酸菌の種類を問わず、タンパク質、各種ビタミン、ミネラルなど、健康効果の高い栄養素が豊富に含まれています。元々、ヨーグルトの原料は、完全食品といわれる牛乳なので、牛乳に含まれてる栄養素は、もれなく摂取することができます。しかもヨーグルトは、乳酸菌によって発酵されているため、牛乳に含まれているたんぱく質は、アミノ酸の形に分解されているため、より体内に吸収されやすくなっています。同様に、乳酸菌の働きによって、カルシウムや糖質なども、より吸収しやすい形に分解されます。

ですから、程度の差はあれ、どのヨーグルトを食べても、それらに含まれている栄養を摂取することによって得られる健康効果は、ほぼ同じように期待できそうです。

ただし食べすぎに注意!


ヨーグルトには、乳脂肪や糖質なども含まれています。乳脂肪を摂りすぎると悪玉コレステロールを増やす心配が出てきます。糖質は、摂りすぎると余った分が中性脂肪になります。

また、ヨーグルトの糖質は、乳酸菌によって乳糖が分解されて、ガラクトースとグルコースに変わりますが、ガラクトースをグルコースに変換する酵素を持っていない場合(日本人の多くは持っていないということです)は、目の水晶体に少しずつ蓄積され、白内障の原因になります。

適量は、1日に100グラム〜200グラムとされています。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加