大豆食品の腸内環境を整える効果について

納豆や味噌などの大豆食品が腸内の善玉菌を増やす

このエントリーをはてなブックマークに追加

大豆食品


大豆食品は、様々な健康効果が期待できるヘルシーフードとしておなじみです。大豆食品の中でも特に納豆や味噌など、大豆を発酵させた食品は、腸内細菌の善玉菌を増やし、悪玉菌を減らし、腸内環境を良好な状態に整える効果が大いに期待できます。さらに詳しくお伝えします。

大豆食品には腸内の善玉菌を増やすオリゴ糖が含まれている


納豆や味噌などの大豆食品には、オリゴ糖が含まれています。腸内の善玉菌はオリゴ糖が大好物なので、腸にオリゴ糖が届いた場合、善玉菌は喜んでオリゴ糖を食べて、どんどん仲間を増やすことができます。

しかも、納豆や味噌などに含まれているオリゴ糖は、大豆オリゴ糖で、いくつか種類のあるオリゴ糖の中でも、群を抜いて善玉菌を増やす働きが強いことで知られています。大豆オリゴ糖は、いわば腸内の善玉菌にとって栄養ドリンクのような存在で、善玉菌は大豆オリゴ糖を食べると、まさに元気百倍になって、増殖活動もパワーアップするのです。

増殖活動がパワーアップすれば、当然、腸内の善玉菌は増えますし、増殖の際に副産物として産出する酸(有機酸)の量も増えます。

いわば酸は、腸内の悪玉菌にとって刺客のような存在です。酸が増えれば増えるほど、腸内の悪玉菌は過酷な状況に追いやられてしまい、その数をどんどん減らすことになります。

スポンサーリンク


大豆発酵食品には腸内の善玉菌の増殖を助ける細菌(微生物)が含まれている


納豆や味噌は、大豆発酵食品です。納豆には納豆菌、味噌には植物性の乳酸菌が豊富に含まれています。納豆や味噌などを食べると、それらの菌が腸に届き、腸内の善玉菌の増殖を助ける、数々の優れた働きを行います。

納豆菌

納豆に含まれている納豆菌は、腸内の悪玉菌にとっては極めて強力な刺客となります。納豆菌には、病原性大腸菌やチフス菌など、極悪といえるほどの悪玉菌を死滅させることができるくらい、悪玉菌を抑えるパワーが強いです。納豆菌の生命力はすさまじく、腸に届いた場合は、猛烈な勢いで増殖して、その際に、善玉菌を増やすために絶大なパワーを発揮してくれるのです。人体にとって有益な酵素なども多数生み出してくれます。

乳酸菌(植物性)

味噌や醤油などの大豆食品に含まれています。腸内の酸を増やして、悪玉菌の繁殖を抑えたり、善玉菌のエサになって増殖を助けます。

大豆食品の健康効果


大豆食品の中でも、納豆や味噌などの大豆発酵食品は、善玉菌を増やし、悪玉菌を減らし、腸内環境をよりよい状態に整える働きにより、便通改善、アレルギー症状の緩和、感染症の予防などの効果が期待できます。

その他の大豆食品にも、植物性たんぱく質や各種ビタミン、ミネラル、イソフラボン、サポニン、レシチンなどが豊富に含まれています。これらの栄養素によって、以下のような健康効果が期待できます。

老化予防、動脈硬化予防、肥満予防、乳がん予防、更年期障害緩和、骨粗しょう症予防

ただし過剰摂取には注意


大豆食品を摂りすぎてしまった場合は、大豆に含まれている大豆イソフラボンの過剰摂取による悪影響が懸念されます。大豆イソフラボンは、女性ホルモンと同じ働きをする成分のため、過剰摂取するとホルモンバランスが乱れ、女性であれば月経周期が変動したり、男性であれば、男性ホルモンが減ってしまい、体毛が薄くなったり、筋肉量が減ってしまうなどの悪影響が懸念されています。

大豆イソフラボンの影響は、個人差や男女差、年齢差があるため、1日の摂取量の上限については、個人差も出てくるようです。ただ、国の指標としては、食品から摂る大豆イソフラボンの量は、1日に75ミリグラムが上限となっています。

特に問題なのは、特定健康保険食品やサプリメントから摂取する場合で、それらから摂る大豆イソフラボンの上限は、30ミリグラムと決められているようです。

食品から摂る場合は、納豆1パック+豆腐3分の1丁+味噌汁1杯が、1日の適量の目安となります。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加