漬物の腸内環境を整える効果について

漬物が腸内の善玉菌を増やし悪玉菌を減らす

このエントリーをはてなブックマークに追加

漬物


漬物は日本の伝統食でもあり、ごはんの友としてもおなじみですが、健康食品としての一面も持っています。今回は、漬物の腸内の善玉菌を増やし、悪玉菌を減らす働き、および漬物の様々な健康効果についてお伝えします。

漬物を食べると腸内環境が整う理由


1.漬物には植物性の乳酸菌が豊富

漬物には植物性の乳酸菌が豊富に含まれています。この植物性の乳酸菌が、腸内細菌として元々腸内に棲みついている善玉菌の増殖を助けるのです。植物性の乳酸菌は、胃酸に強く、生きた状態のまま腸まで届き、そこで発酵という生命活動を行いながら、副産物として乳酸を産出し、腸内の酸を増やします。酸の苦手な悪玉菌にとって、酸が多ければ多いほど、生き延びるのが困難になるために、その数を減らすことになります。

尚、植物性の乳酸菌がの一部は胃酸にやられてしまいますが、死菌となってしまった場合も、善玉菌のエサとなって、その増殖を助ける働きが望めます。

2.漬物には食物繊維が豊富

漬物は食物繊維が豊富で、その食物繊維もまた、腸内の善玉菌の増殖を助けます。水溶性の食物繊維は、自らが善玉菌のエサとなることで増殖を助けます。不溶性の食物繊維は、腸内の生ごみ(腐敗や有害物質)を排出し、腸をキレイにして善玉菌の増えやすい腸内環境に整えることで、善玉菌の増殖を助けます。

スポンサーリンク


漬物の健康効果


漬物を食べ、腸内の善玉菌が増え、悪玉菌が減り、腸内環境がよりよい状態に整えられることによって、腸そのものの調子もよくなります。体内で最大の免疫器官でもある腸の調子がよくなることで、まさに万病に効くといっても過言ではないくらい、様々な健康効果が期待できます。

例えば、便秘や下痢、肌荒れ、風邪やインフルエンザなどの感染症、花粉症やアトピーなどのアレルギー疾患は、すべて腸の調子がよくなることで予防、改善できます。

また、漬物は食物繊維に加え、野菜に含まれる各種ビタミン、ミネラルが凝縮されています。これらの栄養素により体調が整うことで相乗効果も望めます。

漬物の種類


ひとことで漬物といっても、糠漬けや沢庵、野沢菜、浅漬けなど、その種類は豊富です。ただ、どの漬物にも植物性の乳酸菌が豊富に含まれていることは共通しています。

また、韓国のキムチやドイツザワークラウトなども、漬物の一種で、同じく乳酸菌が豊富です。

注意したいのは、市販されている漬物の中には、発酵調味液などが使用されているエセ漬物も多く販売されているということです。植物性の乳酸菌の働きを期待したいのであれば、それ相応の手間ひまをかけて、じっくりと発酵熟成させて作られた漬物が望ましいでしょう。

ただし、食べすぎには注意!


漬物には、塩分が非常に多く含まれています。食べ過ぎると、塩分を摂りすぎることになり、腎臓に負担をかける心配や、血圧を上げる心配が出てきます。

漬物の1日の摂取量の目安は、漬物の種類によって塩分の含有量が違ってくるため、変わってきます。例えば、沢庵なら4切れ、白菜漬けやキムチは、小皿一杯程度が一応の目安となっています。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加