チーズの腸内環境を整える効果について

チーズが腸内の善玉菌を増やし悪玉菌を減らす

このエントリーをはてなブックマークに追加

チーズ


チーズは栄養価値が高く、健康によい食べ物としてよく知られています。チーズには、腸内細菌の善玉菌を増やし、悪玉菌を減らす働きもあり、腸内環境をよりよい状態に改善する効果も期待できます。

チーズを食べると善玉菌が増えて悪玉菌が減る理由


主に牛乳を発酵させてつくるチーズには、乳酸菌が豊富に含まれています。市販されているチーズは、大まかにはナチュラルチーズとナチュラルチーズを加工したプロセスチーズに分けられます。ナチュラルチーズには、生きた乳酸菌が含まれています。プロセスチーズは、加工する過程で加熱処理がされるために、乳酸菌は死滅した状態です。

ただ、乳酸菌は、生きているいないに関係なく、どちらも腸に届いた場合、腸内の善玉菌を増やす働きが望めます。

生きて届いた乳酸菌は、腸内で善玉菌と同様に、発酵活動を行う際に乳酸を産出し、腸内の酸を増やすことで、悪玉菌の繁殖を抑え、善玉菌の増えやすい腸内環境づくりをサポートします。

死滅した乳酸菌は、食物繊維と似たような働きが望めるようです。すなわち水溶性食物繊維のように、善玉菌のエサになって増殖を助けたり、不溶性食物繊維のように腸内の生ごみ(腐敗物質や有害物質)などを吸着して腸をきれいにしてくれます。

腸内の善玉菌が増えれば、増殖の際に産出する乳酸や酢酸や酪酸などの有機酸も増えることになります。これらの有機酸が、腸内の悪玉菌の繁殖を抑え、その数を減らしてくれます。

スポンサーリンク


チーズの健康効果


チーズに含まれている乳酸菌によって、腸内の善玉菌を増やし、悪玉菌を減らし、腸内環境がよりよい状態に整えられると、腸の働きもよくなります。腸の働きがよくなると、便秘解消や免疫力向上などの効果が期待できます。

また、チーズには、乳酸菌のほかにも、完全栄養食品といわれる牛乳の栄養がそのまま濃縮されています。チーズ20グラムで、牛乳200グラムに含まれる栄養が摂取できます。良質のたんぱく質や脂肪、各種ビタミン、ミネラルがバランス好く含まれています。

ビタミンCと食物繊維以外の栄養は、すべてチーズを食べることで補えます。これらのチーズに含まれる豊富な栄養素によっても、様々な健康効果が望めそうです。

チーズに含まれる栄養素の中でも、カルシウムは特に豊富で、しかも乳酸菌の働きで、より吸収しやすくなっています。豊富なカルシウムにより、骨粗しょう症の予防や、イライラの予防に効果的です。

また、良質なたんぱく質により、肝臓の働きをよくし、二日酔いなどの予防改善効果にも優れています。

ただし、食べすぎには注意!


チーズには、乳脂肪がたくさん含まれていて、少量でもかなりの高カロリーです。食べすぎるとカロリーオーバーになって、肥満を招くリスクが高くなります。また、チーズは塩分も多く、食べすぎると塩分の摂りすぎによって、腎臓に負担をかけたり、高血圧のリスクも高くなります。

チーズだけで善玉菌を増やすというのではなく、他の善玉菌を増やす食品も取り入れ、バランスよく摂取することが望ましいでしょう。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加