バナナの腸内環境を整える効果について

バナナが腸内の善玉菌を増やし悪玉菌を減らす

このエントリーをはてなブックマークに追加

バナナ


バナナは昔から、お通じがよくなる果物として知られています。これは、バナナには、善玉菌を増やし、悪玉菌を減らすことで、腸内環境をより良い状態に整える働きがあるからです。バナナの腸内環境改善効果や様々な健康効果についてお伝えします。

バナナには善玉菌の好物となる成分が豊富に含まれている


腸内細菌の善玉菌がエサとして好んで食べる糖質は、オリゴ糖と糖アルコールです。どちらも人の体内には、消化分解する酵素が存在しないために、そのまま大腸に届いて善玉菌のごちそうになります。オリゴ糖も糖アルコールも、腸内細菌の善玉菌を増やす働きに優れているということです。

オリゴ糖や糖アルコールには、いくつか種類があります。バナナには、フラクトオリゴ糖と糖アルコールの一種であるキシリトールが含まれています。バナナを食べると、フラクトオリゴ糖とキシリトールが大腸に届くため、善玉菌は喜んでそれらを食べて元気になり、増殖活動(発酵)を活発に行うことができます。

腸内で、善玉菌の増殖活動が活発になれば、増殖の際に副産物として産出される有機酸も増えることになります。有機酸が増えれば増えるほど、腸内の悪玉菌の力は弱められてしまい、その結果、その数をどんどん減らすことになってしまう、というわけです。

スポンサーリンク


青いバナナにはレジスタントスターチも豊富


バナナの中でも、まだ熟していない青いバナナには、レジスタントスターチ(難消化性デンプン)が豊富に含まれています。レジスタントスターチは、第3の食物繊維とも呼ばれ、消化吸収されずに大腸に届き、そこで食物繊維と同様な働きを行うことが明らかになっています。

レジスタントスターチは、不溶性食物繊維と水溶性食物繊維の両方の働きを兼ね備えているところが優れている点です。すなわち、レジスタントスターチは、水溶性食物繊維のように善玉菌のエサになって、その増殖活動を助けます。また、不溶性食物繊維のように、腸内の腐敗物質や有害物質をからめとって便と一緒に排出して、腸をキレイにする働きも望めます。

元々、バナナは食物繊維が豊富ですが、青バナナは、そこにさらにレジスタントスターチが加わる分、腸内環境を整える働きがパワーアップすると考えられます。

バナナの健康効果


バナナには、オリゴ糖や食物繊維のほかにも、各種ビタミンや必須ミネラルがバランスよく含まれています。特に、ミネラルの中でも、幸せホルモンと呼ばれるセロトニンの材料となるトリプトファンが豊富です。各種ポリフェノールも豊富で、これらの成分により、老化予防をはじめ、動脈硬化、高血圧、がん、糖尿病などの予防効果も望めます。さらに、バナナの健康効果は、バナナの熟成度によっても特有の効能が期待できるようです。

1.青バナナ

整腸効果が高いため、より優れたお通じ改善効果が期待できます。

2.黄色バナナ

ビタミンB群とポリフェノールが多く、より優れた抗酸化作用が期待できます。

3.完熟バナナ

熟成されればされるほど免疫増強作用が強くなり、胃潰瘍予防効果も強くなるようです。

ただし、食べ過ぎには注意!


バナナは、果糖などの糖質も多く含むために、食べ過ぎてしまった場合、カロリーオーバーになって肥満につながる心配が出てきます。とはいえ、バナナはダイエット食材としてもよく知られていて、適量を食べる分には、まったく問題はなさそうです。ちなみに、1日3本までなら、食べても大丈夫なようです。ただ、糖分が気になる場合は、青めのバナナを選ぶようにするとよいかもしれません。

腎臓に疾患があって、カリウムの摂取量を制限されているような場合は、医師の指示に従ってください。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加