腸内フローラについて

腸内フローラとは?腸内細菌はバランスが重要!

このエントリーをはてなブックマークに追加

腸内フローラ


腸内フローラとは、腸内細菌の生息状況(生態系)のことを意味する言葉です。わたしたちの腸の中には、たくさんの細菌が棲みついています。その重量は、およそ1500グラムです。その数は、以前は100兆個以上とかなりアバウトでしたが、最近の研究では、およそ500兆個〜1000兆個、種類にして500種以上もあることが明らかになってきています。さらに新しい菌が続々発見されている状況です。

わたしたちの健康に多大な影響を及ぼしている、この腸内フローラについて、さらに詳しくご案内します。

腸内フローラは、腸内細菌のお花畑?


腸を広げるとちょうどテニスコート1面分くらいの広さになるようです。その広さに腸内細菌が、それぞれの種類ごとに群れをなすようにいて、びっしりと棲みついています。その光景は、さながらお花畑(英語でフローラ)のようなので、腸内フローラと呼ばれるようになりました。

腸内フローラは、別名、腸内細菌叢(ちょうないさいきんそう)とも呼ばれています。ちなみに「叢」は、草むらのことです。これまで多くのメディアでは「腸内フローラ」として特集が組まれているために、「腸内フローラ」の方が世間一般的には、なじみのある言葉になっているようです。

スポンサーリンク


腸内フローラに生息する腸内細菌群の種類


無数といっても過言ではないほど、腸内に生息している細菌群ですが、大まかには、その性質によって3種類に分類することができます。

1. 善玉菌

私たちの健康を保つのに貢献してくれる種類の細菌です。ビフィズス菌、乳酸菌などがその代表格です。悪玉菌の増殖を抑えて、排便を促し、腸内環境を健康な状態に整えてくれます。

2.悪玉菌

私たちの健康を害する怖れのある種類の細菌です。大腸菌の有毒株(病原性大腸菌など)ブドウ球菌などが該当します。腸内で悪玉菌がはびこると、有害物質が発生し、便秘や下痢などの体調不良の原因になります。

3.日和見菌

善玉菌と悪玉菌のうち、優勢なほうについて、その働きをサポートします。当然、善玉菌をサポートできる状態が理想です。

単純に考えると、悪玉菌を全滅させ、腸内をすべて善玉菌と日和見菌にすれば完璧に健康が維持できるのでは?ということになりますが、実はそうではありません。あくまでもバランスが重要なのです。

腸内フローラの理想的な腸内細菌のバランスとは?


悪玉菌が全滅してしまうと、それはそれで困ったことになります。私たちが健康を維持するために必要な栄養素の中には、悪玉菌にしか消化できないものもあるからです。また、悪玉菌が極端に少ない状態では、善玉菌そのものの働きも鈍ってしまうようです。強敵がいなくなると張り合いをなくして、やる気を失うのと似たような現象が善玉菌にも起こると考えられています。

善玉菌と悪玉菌と日和見菌の理想的な割合は、2:1:7で、これが健康にとって最も理想的なバランスであることが長年の研究から明らかになってきました。

通常の成人の場合、腸内フローラのバランスは、日和見菌が7割を占め、残りの3割を善玉菌と悪玉菌が陣地の取り合いをして、互いにしのぎを削っている状態です。善玉菌の割合が悪玉菌を上回っていれば、まずは安心です。

しかし、加齢や食生活、ストレスなどの様々な要因によって、悪玉菌優勢の方向に傾くと、腸内フローラのバランスが崩れ、私たちの身体に様々な問題が生じるようになります。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事