腸内細菌とうつ病の関係について

腸内の悪玉菌が多いとセロトニンが不足しうつ病になる

このエントリーをはてなブックマークに追加

うつ病


腸内環境のよしあしが、うつ病とも密接な関係にあることが、最近の研究で明らかになってきています。うつ病は、脳内にあるセロトニンやドーパミン、ノルアドレナリンなどの神経伝達物質が不足することが発症の主な原因と考えられてきました。中でも脳内のセロトニンの不足がうつ病発症と大きく関わっているようです。

そしての悪玉菌の多い劣悪な腸内環境が、腸内だけでなく、脳内までもセロトニン不足の状態に陥らせてしまう原因になっていると考えられています。

それでは、なぜ腸内に悪玉菌が多いと脳内のセロトニンまでも不足してしまうのでしょうか?そのからくりについて、これから詳しくお伝えします。

実はセロトニンは腸内に一番多い


脳内のセロトニンが十分に分泌されているときは、精神状態が安定して、幸福感をもたらされることから「幸せホルモン」などとも呼ばれています。正確には、セロトニンはホルモンではなく、神経伝達物質です。セロトニンはホルモンと似たような働きをしますが、神経伝達物質として、分泌される場所が決まっています。その場所は、腸内に90%以上と圧倒的に多く存在しています。残りのおよそ10%のうちの8%が血液中に、2%が脳内に存在しています。

そして、腸内、血液中、脳内とそれぞれに存在するセロトニンには、それぞれの働きがあります。腸内のセロトニンは、腸のぜん動運動を活発にし便通をよくすることが主な働きです。血液内のセロトニンは、血管の収縮や止血などをサポートします。脳内のセロトニンには、精神を安定させ幸福感を与える働きがあるのです。

うつ病は、脳内にあるセロトニンが不足することが主な原因であると考えられています。セロトニンが不足すると、同じく幸福感や高揚感(やる気)などに関与しているドーパミンの働きが鈍くなることとも関係しています。

スポンサーリンク


腸内環境と脳内物質との相関関係


腸内のセロトニンが不足することと、脳内のセロトニンが不足することと、どういった因果関係があるのでしょうか?

腸内で作られたセロトニンが直接、脳に届けられるわけではありません。脳には、血液脳関門と呼ばれる非常に厳格な関所のようなシステムがあって、セロトニンのままでは関門を突破できないのです。

しかし、セロトニンを作る元となる物質のトリプトファンなら通過できます。そして、脳内に届いたトリプトファンが原料として使われて、脳内でセロトニンが作られるというわけです。

トリプトファンからセロトニンを作る際には、ビタミンB6が必要になります。このビタミンB6を体内で生成してくれるのが腸内細菌の善玉菌です。

悪玉菌が多いと脳内のセロトニンが不足してしまう理由


悪玉菌が多い腸内環境では、ビフィズス菌や乳酸菌などの善玉菌の働きが鈍り、その結果、ビタミンB6不足に陥ってしまいます。

ビタミンB6は、腸から血液を介して脳に運ばれるために、結局、脳内もビタミンB6不足に陥ってしまい、脳内にトリプトファンが行き届いてもセロトニンを合成できず、脳内のセロトニンが足りなくなってしまうというとになるのです。

善玉菌にうつ病改善効果?


腸内細菌を活用して、うつなどの気分障害を治療する「サイコバイオティクス」の研究も進んでいるようです。マウスの実験では、ビフィズス菌を与えたマウスのほうが、抗うつ薬を投与したマウスよりも、大幅な改善効果が見られたという報告もされています。

善玉菌によって腸内環境を改善させることは、今後、精神医学の分野でも飛躍的な成果が望める、その大きな可能性を秘めているようです。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事