腸内細菌と風邪やインフルエンザの関係について

腸内の善玉菌を増やすと風邪やインフルエンザの予防になる

このエントリーをはてなブックマークに追加

風邪やインフルエンザ


腸内細菌の善玉菌を増やして腸内環境を理想的な状態に保つことで、風邪やインフルエンザなどのウイルスによる感染症を予防することができます。善玉菌を増やすことで風邪やインフルエンザを予防する、そのメカニズムについて説明をしましょう。

どうして風邪やインフルエンザになるの?


風邪もインフルエンザも、体内に侵入したウィルスを抑え込むことができないために発症します。特に風邪やインフルエンザのウィルスは、低温で乾燥している状態で最も活性化し、猛烈な勢いで増殖します。毎年冬になるとインフルエンザが流行するのはそのためです。

私たちの身体には、免疫機能が備わっています。免疫細胞と呼ばれる細胞たちが連携して、風邪やウイルスなどの様々な病原体から私たちを守ってくれているのです。しかし、この免疫細胞たちの働きが鈍ると、風邪やインフルエンザのウィルスにも立ち向かえなくなり、発症します。

スポンサーリンク


腸の免疫機能のよしあしが体全体の免疫機能のよしあしを左右する


免疫細胞の働きが鈍ることと腸内環境のよしあしとは密接に関係しています。腸には、腸管免疫というシステムが備わっています。腸管免疫には、実に体全体の60%〜70%もの免疫細胞が集まっていて、それぞれの役割を担う部隊を作っています。

その中には、細菌やウィルスなど外敵から身を守るための武器(抗体)を必要に応じて作っている部隊もあります。そこで作られた武器は、血液を通して私たちの口や鼻、目などの粘膜に送られて、唾液線や涙腺、鼻の粘膜の中でも働いてくれています。

悪玉菌の多い劣悪な腸内環境では、これらの免疫細胞が思うように働けず、腸管免疫の機能も衰えてしまいます。当然、武器も行き渡らなくなり、腸内だけでなく、体全体の免疫機能も衰えることになるのです。

風邪やインフルエンザを予防できるか否かについては、いかにしっかりと腸内の免疫細胞たちが働いてくれるかにかかっていると言えます。

善玉菌が腸内の免疫細胞たちを元気にしてくれる


風邪やインフルエンザを予防するためには、腸管免疫システムに属する免疫細胞たちがしっかりと働ける腸内環境を維持しておく必要があります。

腸内に善玉菌が十分に存在し、悪玉菌の力を抑えることができている状態こそが、腸内の免疫細胞たちが最も元気に働ける腸内環境といえるでしょう。さらに、そのような腸内環境では、善玉菌もどんどん増えていくという好循環が生まれます。

ただ、悪玉菌も腸管免疫の機能を維持するには必要な存在です。善玉菌が優位な腸内環境下で、悪玉菌と善玉菌の勢力争いが適度に行われている状態が、腸管免疫が働くためのよい刺激になってくれているからです。腸の免疫組織が、腸内細菌たちを外敵として攻撃せずに棲まわせているのには、そういった理由もあるからのようです。

発酵食品には、善玉菌を増やす効果のある乳酸菌がたくさん含まれています。乳酸菌の中でも、特に乳酸菌R-1株(明治乳業のプロビオヨーグルトに含有)や乳酸菌シロタ株(ヤクルト400等に豊富に含有)は、免疫力を高め、風邪やインフルエンザの予防効果が高いことで知られています。これらの食品を積極的に摂ることは、一定の予防効果が期待できそうです。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事