腸内細菌の豆知識について

腸内細菌の豆知識

腸内の善玉菌が多いか?悪玉菌が多いか?は遺伝も関係している

善玉菌と悪玉菌、そして日和見菌の腸内における割合を示す腸内フローラは、一人一人違っています。善玉菌が多めの人もいれば、悪玉菌が多めの人もいます。実は、この腸内フローラは、遺伝とも深く関わっているようなのです。腸内細菌と遺伝の関係について、詳しく説明をしましょう。腸内細菌は出産時に母親から受け継ぐ母親...

≫続きを読む

腸内の善玉菌を増やし悪玉菌を減らす飲み物について

腸内環境を良好な状態に保つために「腸内細菌の善玉菌を増やし悪玉菌を減らしてくれる飲み物を摂る」という方法は、とても簡単で続けやすいので、おすすめできます。そのような飲み物の中で、毎日、手軽に摂れる飲み物を厳選してご紹介します。飲むヨーグルト文字通り、通常のヨーグルトがドリンクタイプにされた飲料です。...

≫続きを読む

腸内の善玉菌と悪玉菌には好みの温度があった

昔から「お腹を冷やすと風邪をひく」、「冷たいものを飲みすぎるとお腹を下す」などとよく言われてきました。実は、腸内細菌の善玉菌と悪玉菌には、それぞれの好みの温度、すなわち活発に働きやすい温度があるようです。善玉菌は低温が苦手一言で善玉菌といっても、腸内に存在するビフィズス菌や乳酸菌の種類はとても多く、...

≫続きを読む

臭いおなら、ガスでお腹が張るのは腸内の悪玉菌の仕業

腸内細菌の悪玉菌が腸内で幅を利かせているような状態のときは、非常に臭いおならが出たり、腸内でガスが充満してお腹が張りやすくなります。ではなぜそうなってしまうのでしょうか?その理由について詳しく説明をしましょう。そもそもおならとは?口呼吸をした時や、食事の際に食べ物と一緒に飲み込んで腸にまで届いてしま...

≫続きを読む

善玉菌(乳酸菌、ビフィズス菌)の大半は胃酸で死滅してしまう

便秘の解消やアレルギー症状の緩和など、数々の有益な働きをしてくれている腸内細菌の善玉菌(乳酸菌、ビフィズス菌)ですが、熱や酸に弱いという性質があります。そのため、善玉菌が含まれる食品を摂取しても、その多くは胃酸に負け、腸に届く頃には大半が死滅してしまいます。そうならないために、最近では、生きたまま腸...

≫続きを読む

ピロリ菌を除菌すると腸内の善玉菌もいなくなる

慢性胃炎や胃潰瘍、十二指腸潰瘍など、消化器系の疾患の原因菌とされているピロリ菌ですが、現在、比較的簡単に除菌できるようになっています。しかし、除菌する際に、強力な抗生物質や抗菌薬を服用するため、ピロリ菌だけでなく、腸内細菌の善玉菌(乳酸菌やビフィズス菌)までも除菌してしまいます。ピロリ菌の除菌と腸内...

≫続きを読む

腸内で善玉菌のエサとなる難消化性デンプンとは?

難消化性デンプンは、腸内細菌の善玉菌(主にビフィズス菌)を増やして、良好な腸内環境の維持するために大変によい働きをしてくれています。難消化性デンプンは、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の両方のよい働きを併せ持っていて、第三の食物繊維とも呼ばれています。難消化性デンプンの腸内での働きについて、詳しく説明...

≫続きを読む

腸内の善玉菌を増やしたいなら和食がおすすめ

腸内細菌の善玉菌を効率よく増やすためには、洋食よりも和食がおすすめです。和食のほうが、腸内の善玉菌を増やせるたくさんの要素が含まれているからです。和食は、平成25年にユネスコの無形文化遺産への登録を果たし、今や健康食(ヘルシーフード)の代名詞的存在として、海外の人々からも注目されています。和食は、腸...

≫続きを読む

にんにくの食べ過ぎは腸内の善玉菌も悪玉菌も減らしてしまう

にんにくには、腸内細菌の善玉菌を増やして、腸内環境を良好な状態に保つという働きがあります。また、国立がん研究所によって発表された「がん予防効果の高い食材」をピラミッドで示した図式の頂点に位置付けられるくらい滋養強壮効果が高く、身体によい野菜としても有名です。しかし、「過ぎたるは及ばざるがごとし」で、...

≫続きを読む

腸内の善玉菌を効率的に増やしてくれる野菜について

腸内細菌の善玉菌(乳酸菌やビフィズス菌)を増やして、良好な腸内環境を維持するために、毎日の食生活で、善玉菌を増やす効果のある野菜を積極的に摂るという方法は、とても簡単で続けやすく、また効果のある方法です。このページでは、善玉菌を増やす効果が高く、毎日の食生活に意識して摂り入れることで、より効率的に善...

≫続きを読む

プロテインを飲むと腸内の悪玉菌が増え善玉菌が減ってしまう

プロテインは、運動選手が筋肉量を増やすためや、ダイエット目的でよく飲用されています。しかし、プロテイン=タンパク質なので、必要以上に摂りすぎてしまった場合、未消化のまま大腸まで届き、腸内細菌の悪玉菌のエサになってしまい、結果的に腸内環境を悪化させる心配が出てきます。実際にプロテインを飲むようになって...

≫続きを読む

腸内で悪玉菌が増える原因は生活習慣にあった

腸内環境は、生活習慣に大きく影響されます。すなわち、生活習慣の内容によっては、腸内細菌の悪玉菌を増やし、善玉菌とのバランスを乱すことになるのです。このページでは、腸内の悪玉菌が増える生活習慣について、押さえておきたい3点についてご紹介します。その1 動物性タンパク質が多く栄養バランスの悪い食習慣生活...

≫続きを読む

悪玉菌が多いと腸内で活性酸素が大量発生する

活性酸素は、様々な病気や老化を促進する原因と考えられています。実は、この活性酸素は腸内環境のよしあしとも深く関わっているようです。腸内環境が、腸内の悪玉菌が多く、ビフィズス菌や乳酸菌などの善玉菌が少ない、いわゆる腸内細菌のバランスの悪い状態は、活性酸素が大量に発生しやすい状態ともいえます。活性酸素と...

≫続きを読む

断食をすることで腸内の悪玉菌が減り善玉菌が増える

「痩せる」「元気になれる」「若返る」など、美容面や健康面で様々な効能があることでも知られている断食ですが、この断食には、乱れた腸内環境を改善する効果もあるようです。断食によって腸内細菌の悪玉菌を減らし、逆にビフィズス菌などの善玉菌を増やして、腸内環境を良好な状態に導くことができる、その理由について詳...

≫続きを読む

悪玉菌はアルカリ性、善玉菌は酸性の腸を好む

腸内細菌の悪玉菌(ウェルシュ菌や有毒株の大腸菌など)と善玉菌(乳酸菌、ビフィズス菌)は、それぞれ活発に動ける腸内環境に違いがあります。悪玉菌は、腸内のPHがアルカリ性に傾いたときに活発になり、善玉菌は、酸性に傾いたときに活発になります。では、なぜそのなるのか?さらに詳しく見ていきましょう。まずはその...

≫続きを読む

悪玉菌の必要性とその働き!少なすぎるのもダメ

腸内細菌の中で、悪玉菌に該当する細菌は、悪者扱いされがちですが、腸内に生息できているのは、悪玉菌は悪玉菌なりに有用な働きがあり、必要性があると認められているからなのです。悪玉菌が多すぎる腸内環境にばかり目が行きがちですが、実は、悪玉菌が少なすぎる腸内環境も、それはそれで問題が出てくるようです。悪玉菌...

≫続きを読む

盲腸を切ると善玉菌が減り腸内環境が悪化する

ひと昔前までは、激しい腹痛を引き起こす「盲腸(虫垂炎)」は、手術で切除するのがごく一般的な治療法とされていました。しかし、その後の研究により、この虫垂が腸内フローラの良好なバランスを保つために重要な働きを担っていることが明らかになりました。長い間、要らないものと軽視されていた「虫垂」が、いかに腸内細...

≫続きを読む

腸内細菌のバランスと自己免疫疾患には深い関係があった

自己免疫疾患に該当する数多くの疾患は、未だにその原因が解明されていません。しかし、数々の研究によって、腸内における腸内細菌のバランス(乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌と悪玉菌とのバランス)と、自己免疫疾患と関連性が明らかになりつつあるようです。免疫細胞の60%〜70%が腸に集中していることを考えれば...

≫続きを読む