ビフィズス菌の腸内での役割と種類について

ビフィズス菌とは?腸内での役割と種類について

このエントリーをはてなブックマークに追加

ビフィズス菌


ビフィズス菌は、腸内細菌の中の善玉菌の代表的な存在で、身体にとって数々のよい働きをしてくれます。ビフィズス菌にはいくつか種類があり、ビフィズス菌としての共通した働きに加え、それぞれに特性を持っています。今回は、ビフィズス菌の腸内における役割や、代表的な種類についてお伝えします。

ビフィズス菌とは?


ビフィズス菌とは、分類学上、ビフィドバクテリウム属に該当する腸内細菌の総称です。ビフィズス菌は、主にヒトや動物の腸内に生息し、いわゆる善玉菌として、腸内で有用な働きをしてくれています。同じく腸内細菌の善玉菌である乳酸菌よりも、その数ははるかに多く、善玉菌の中で圧倒的多数を占めています。そのため、腸内のビフィズス菌の数の増減が、腸内環境の善し悪しに大きく影響しやすいのです。

ビフィズス菌は、母乳やミルクを飲んでいる間の赤ちゃんの時期が、腸内細菌(悪玉菌や日和見菌も含む)全体の90%以上を占めます。その後離乳が始あると、徐々に減りはじめ、成人になると、全体の10%程度で落ち着くことになるようです。しかし、高齢になると、多くの場合、1%以下に減少してしまうようです。ちなみに、健康長寿を誇る高齢者の腸内細菌のビフィズス菌の割合は、非常に高い比率を占めていることが明らかになっています。

スポンサーリンク


腸内細菌としてのビフィズス菌の特徴


1.主に大腸に生息している

ビフィズス菌は酸素が苦手で、小腸などの酸素のある環境には適合できず、酸素のない大腸に生息しています。

2.乳酸のほかに酢酸を生成する

ビフィズス菌は、オリゴ糖などをエサにして増殖する際に、乳酸のほかに酢酸を生成します。この酢酸には、極めて強い殺菌効果があります。

ビフィズス菌の腸内での主な役割


1.悪玉菌の増殖を抑制して腸内環境を良好にする

ビフィズス菌は、極めて強い殺菌力のある酢酸を生成し、悪玉菌の繁殖を抑えるという重要な役割を果たしてくれています。当然、ビフィズス菌が多ければ多いほど、悪玉菌の抑制力も大きくなり、腸内環境はより良好な状態をキープすることができます。

2.ビタミンB群やビタミンKの生成

ビフィズス菌によって生成される、これらのビタミンはエネルギー代謝をはじめ、貧血や肌荒れを防ぐのにも欠かせないビタミンです。

ビフィズス菌の種類


ビフィズス菌は、最初、母乳を飲んでいる乳児の便の中から発見されました。ビフィズス菌は、その後、牛や犬、猫などの動物の腸内からも発見され、その種類はおよそ30種類くらいです。

人間の腸内に生息するビフィズス菌の種類と動物の腸内に生息しているビフィズス菌の種類は、違っていることがわかっています。人間の腸内に生息しているビフィズス菌の種類は、およそ10種類ほど見つかっているようです。ただし、同じ人間でも、一人一人の腸内に生息しているビフィズス菌の種類には違いがあります。

その人その人の腸内環境と最も相性のよいビフィズス菌が棲みついているということになります。

人の腸内に棲む代表的なビフィズス菌の種類


人間の体内で発見されたおよそ10種類のビフィズス菌の中で、代表的な種類をご紹介します。

ビフィダム種(ビフィドバクテリウム・ビフィダム)

最初に発見されたビフィズス菌です。外部から摂取することで胃の健康を守る働きが望めるようです。

ロンガム種(ビフィドバクテリウム・ロンガム)

日本人の腸内に定着しやすいとされているビフィズス菌の一種です。コレステロールの低下作用に優れています。

アドレスセンティス種(ビフィドバクテリウム・アドレッセンティス)

善玉コレステロールを増やし、動脈予防効果が期待できるビフィズス菌です。

ブレーベ種(ビフィドバクテリウム・ブレーべ)

アレルギー症状を緩和する働きやがんを抑制する働きが認められています。ヤクルトのミルミルに含まれているビフィズス菌です。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加