ビフィズス菌と乳酸菌の違いについて

ビフィズス菌と乳酸菌の違いについて

このエントリーをはてなブックマークに追加

ビフィズス菌と乳酸菌


腸内細菌のビフィズス菌と乳酸菌は、善玉菌とひとくくりにされることが多いため、どちらも同じものだと考えてしまう人も多いようです。確かにビフィズス菌と乳酸菌には、共通している点もありますが、明確に違っている点も多々あります。そこで今回は、ビフィズス菌と乳酸菌の明確な違いについてお伝えします。

まずはその前に、腸内のビフィズス菌と乳酸菌の共通点について


ビフィズス菌も乳酸菌も、腸内細菌の善玉菌として、腸内環境を良好な状態に整えるために数々の有用な働きをしてくれている、という共通点があります。

その有用な働きのひとつに、ビフィズス菌も乳酸菌も、糖類を分解する際に副産物として乳酸を生成し、腸内の悪玉菌の繁殖を抑えるという働きがあります。この共通点によって、ビフィズス菌も「ビフィドバクテリウム属」として、乳酸菌の一種として分類される場合もあるようです。

スポンサーリンク


ビフィズス菌と乳酸菌の違い


1.腸内で.生息する場所

ビフィズス菌は、主に大腸に生息しています。乳酸菌は主に小腸に生息し、それぞれ善玉菌として活躍してくれています。

2.ビフィズス菌は酢酸も生成する

ビフィズス菌は乳酸に加え酢酸も生成するという点が、乳酸だけ生成する乳酸菌との明確な違いといえる点です。酢酸は、食用酢などにも含まれている成分で、殺菌力が極めて強く、悪玉菌の繁殖を抑える力も強いとされています。食用酢は、摂取しても消化吸収されてしまい大腸まで届かないので、大腸に生息して酢酸を生成してくれるビフィズス菌の役割は大きいです。

3.ビフィズス菌は酸素に弱いが乳酸菌は酸素に強い

ビフィズス菌は、「偏性嫌気性菌」に該当し、酸素があると生存できません。そのため腸内でも酸素のない大腸が生息場所となっています。

乳酸菌は、「通性嫌気性菌」に該当し、酸素があってもなくても生存できます。

4.腸内細菌の善玉菌としての数

腸内細菌の善玉菌としての数は、ビフィズス菌が圧倒的に多数です。個人や年齢によって多少のバラツキがありますが、通常の成人の場合、腸内の善玉菌の中で、それぞれが占める割合は、ビフィズス菌が99・9%(1兆〜100兆)で、乳酸菌は、0・01%(1億〜1000億)以下と考えられています。


上記のようにビフィズス菌と乳酸菌には、明確な違いがあるからこそ、どちらも腸内細菌の善玉菌として欠かせない存在であるといえるでしょう。

腸内のビフィズスス菌は減少しやすい?


腸内に生息しているビフィズス菌の割合は、善玉菌の中でも圧倒的多数を占めているために、ビフィズス菌の数の増減は、乳酸菌の増減に比べて、腸内環境の善し悪しに対する影響力は大きいです。

また、ビフィズス菌は、加齢やストレス、食生活、運動不足など、様々なことで減少しやすいので、常日頃からビフィズス菌を増やすための心がけが大切になります。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加