ビフィズス菌BY株について

ビフィズス菌BY株の驚くべき効果とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

ビフィズス菌BY株


ビフィズス菌BY株は、ヤクルトミルミルとミルミルSに配合されています。ミルミルもミルミルSも、これまでに何度か商品名を変えながらリニューアルされてきました。リニューアルされるたびに、効果もパワーアップされているようです。ヤクルトレディさんの話によりますと、以前のヤクルトミルミル及びミルミルSが、草野球レベルだとすると、リニューアルされたものは、アメリカの大リーグレベルにまでパワーアップされたという説明でした。

今回は、パワーアップしたヤクルトミルミル、ミルミルSに含まれるビフィズス菌BY株の数々の驚くべき効果についてご紹介します。

ビフィズス菌BY株について


ビフィズス菌BY株は、ヤクルトが独自開発したびビフィズス菌で、BYは、(B.ブレーベ・ヤクルト)の略称のようです。ビフィズス菌BY株は、胃酸や胆汁にとても強く、生きたまま大腸に届き、元々そこにいる善玉菌の働きを助けて腸内環境を整え、私たちの健康にとって様々なよい働きをしてくれます。

ビフィズス菌BY株は、現在のヤクルトミルミルとヤクルトミルミルS に、100グラムあたり実に120億以上も配合されています。以前よりも20億増やされたようですが、以前の100億以上という数も、通常販売されている他のビフィズス菌入りのヨーグルトに含まれる菌数に比べると5倍から10倍で、十分すぎるほど多い菌数です。

スポンサーリンク


ビフィズス菌BY株の優れた効果


大腸に生きたままの状態で到達するビフィズス菌の数は、多ければ多いほど、腸内の善玉菌の援軍を多く送り込むことになるわけですから、その分、腸内環境改善効果が高くなると考えることができます。

1.便秘改善

腸内環境がより良好な状態に改善されることによって、腸の働きも活発になるため、スムーズな排便が得られるようです。

2.美肌効果

ビフィズス菌BY株には、美肌効果があることが実証されています。このことは、ビフィズス菌BY株に、腸内細菌の悪玉菌が生成する有害物質のひとつであるフェノールを抑制する働きがあることと関係しているようです。フェノールは、皮膚がんの危険因子とされ、肌に数々の悪影響を及ぼす物質で、血液中に含まれるフェノール濃度が高いほど、肌トラブルに見舞われるようです。

ミルミルS(ビフィズス菌BY株+ガラクトオリゴ糖が含まれています)を4週間摂取してもらったグループと摂取しなかったグループの比較実験を行ったところ、摂取したグループは、摂取しなかったグループよりもフェノール濃度が下がり、肌の水分保湿機能が良好な状態に保たれていたことがデータにより実証済みです。

3.潰瘍性大腸炎の症状の緩和効果

ビフィズス菌ブルーベ・ヤクルト株は、難病指定されている潰瘍性大腸炎の症状を緩和する効果も確認されています。

ミルミル+ヤクルトは最強コンビ


ヤクルトには、ラクトバチルスカゼイ・シロタ株という、免疫力を強化できる、これまた非常に優れた効果のある乳酸菌が配合されています。免疫力強化効果により、ガン予防や、花粉症などのアレルギー予防、風邪やインフルエンザ効果のあることが実証されています。

ミルミルのビフィズス菌BY株は大腸で働き、ヤクルトのシロタ株は小腸では働くため、どちらか一方摂取するよりも、両方を一緒に摂ることで、相乗効果が得られ、腸内環境を整えるためには、最も理想的な組み合わせといえるでしょう。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加