ビフィズス菌を含む食品について

ビフィズス菌を含む食品について

このエントリーをはてなブックマークに追加

自然食品


ビフィズス菌を含む食品は、どうしてもその種類が限られてしまいます。ビフィズス菌は腸内細菌なので、生息できる場所が、人や動物の腸内に限られ、それ以外の場所には存在できいなからです。そのため、ビフィズス菌は、野菜や果物などの自然の食材からは摂取することはできません。ビフィズス菌を含む主な食品についてお伝えします。

発酵食品にはビフィズス菌が含まれていない?


腸内環境を良好な状態に保つためには、腸内の善玉菌であるビフィズス菌を増やすことが大切です。ビフィズス菌が豊富に含まれている食品を積極的に摂取することは、腸内のビフィズス菌を増やすために、一定の効果が期待できます。しかし、残念ながら、自然そのままの状態でビフィズス菌が含まれている食品はありません。ビフィズス菌は、乳酸菌のように自然発酵させて増やすことができないからです。

ヨーグルトやチーズ、漬物、みそなどの発酵食品には、ビフィズス菌が含まれているという勘違いをしやすいですが、通常の発酵食品に豊富に含まれているのは、乳酸菌であってビフィズス菌ではありません。

スポンサーリンク


ビフィズス菌を含む食品とは?


ビフィズス菌を含む食品とは、正確には、ビフィズス菌が添加された食品ということになります。ビフィズス菌が添加された食品は、今のところ、主にヨーグルトに限られてしまうようです。しかし、どのヨーグルトにもビフィズス菌が含まれているわけではありません。

通常のヨーグルトは、フルガリスク菌とサーモフィラス菌の2種類の乳酸菌で発酵させて作られています。そこにさらに、抽出培養されたビフィズス菌が特殊な技術によって生きたままの状態で添加され、ビフィズス菌入りのヨーグルトが作られます。添加するビフィズス菌の菌株は、それぞれのメーカーによって違っています。

ヨーグルトのほかに、一部の乳飲料にも、ビフィズス菌が加えられたものがあります。ビフィズス菌は、サプリメント(健康食品)から摂取することもできます。

腸内のビフィズス菌を増やせる食品


ビフィズス菌を含む食品は、どうしても一部のビフィズス菌入りヨーグルトや乳飲料に限られてしまいますが、腸内のビフィズス菌を増やす効果のある食品は、たくさんあります。

例えば、オリゴ糖や食物繊維は、ビフィズス菌の栄養源になるので、オリゴ糖や食物繊維を豊富に含む食品などは、腸内のビフィズス菌を増やすために積極的に摂りたい食品といえるでしょう。

その中でも特に、ニンジンとバナナとリンゴは、少量を摂取するたけでも、腸内のビフィズス菌を増やす効果の高い食べ物であることが、近年の研究によって明らかになっているようです。これらの野菜や果物は、すり下ろしたり、ミキサーにかけてジュースにして摂取すると、さらに効果がアップするようです。

ニンジンとバナナとリンゴにビフィズス菌入りのヨーグルトを加えたスムージーは特にオススメできます。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加