ビフィズス菌BB536について

ビフィズス菌BB536の驚くべき効果とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

ビフィズス菌BB536


森永ビヒダスヨーグルトは、トクホ(特定保健用商品)として、その効果が科学的に実証され、消費者庁長官から製品の効果を表示する許可を受けています。今回は、森永ビヒダスヨーグルトに配合されているビフィズス菌BB536の数々の効能についてご紹介します。

ビフィズス菌BB536について


ビフィズス菌BB536は、人の腸内に生息しているビフィズス菌で、1969年に森永乳業が発見しました。以来、研究に研究を重ねて、膨大といえる量の研究データに基づき、安全性が確保されています。

腸内細菌として人の腸内に生息しているビフィズス菌は、酸素や酸に弱く、ヨーグルトなどの食品に配合するのは非常に難しいとされていました。森永乳業は、長年の研究と企業努力によって、酸素や酸に対して、比較的耐性のあるビフィズス菌BB536を開発し、ヨーグルトなどの製品に配合する独自技術の獲得に成功しました。

特に、ヨーグルトにビフィズス菌BB536を配合し、その後もヨーグルトの中で生きたままの状態を保持させる製造技術は、特許を取得しています。

スポンサーリンク


国も認めるビフィズス菌BB536の極めて優れた整腸効果


ビフィズス菌BB536入りのビフィダスヨーグルトは、普通の乳酸菌だけが入っているヨーグルトよりも、さらに優れた整腸効果が望めることが、複数の臨床試験時により実証されています。

その臨床試験の一例をご紹介します。便秘傾向のある女性39名を対象に、ビフィズス菌BB536入りのビフィダスヨーグルトを100グラムを2週間続けて摂取してもらったところ、腸内のビフィズス菌の増加と排便回数の増加、および有害物質であるアンモニアの濃度の低下が確認にされました。これらのデータは、乳酸菌だけのヨーグルトを摂取した場合に比べると、極めて高い数値が示されたということです。

ビフィズス菌BB536入りのビフィダスヨーグルト及び乳酸菌飲料は、これらの複数の臨床試験から示されたデータにより、国の厳しい審査を通過し、整腸効果があるとして、特定保健用食品としての表示許可を受けています。

ビフィズス菌BB536は大腸がんを予防する


ビフィズス菌BB536には、大腸がんの危険因子とされているETBF菌(毒素産生型フラジリス菌)を大幅に減らす働きがあることが実験によって明らかにされています。

実験は、ETBF菌の保有者32名を対象に行われました。ビフィズス菌BB536を含むヨーグルトや牛乳を8週間摂取してもらった後、検便により、糞便中のETBF菌中の減少を測定しました。ビフィズス菌BB536を摂取する前の糞便中には、ETBF菌が1グラムあたりおよそ1000万あったのに対し、摂取後の糞便には、1グラムあたりおよそ100万程度と、10分の1に減少したことがデータとして示されています。

また、ラットによる動物実験では、ビフィズス菌BB536は、他の臓器のガンの発生を抑制する効果もあることが明らかになっています。

他にもビフィズス菌BB536には様々な効果が


このほかにも、ビフィズス菌BB536は、抗アレルギー作用、インフルエンザ予防、骨を強くする、コレステロールを下げる効果も実証されているようです。さらに、難病とされている潰瘍性大腸炎の症状を緩和する効果なども実証されているようです。

これらの効果は、ビフィズス菌BB536の極めて優れた整腸効果によって、腸内環境が良好な状態に保たれたことによることが大きいと考えられます。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加