腸内細菌と抗生物質の関係について

抗生物質は腸内の善玉菌も悪玉菌も殺菌してしまう

このエントリーをはてなブックマークに追加

抗生物質


風邪や感染症にかかったとき、よく処方される抗生物質は、いち早く辛い症状から回復させるための特効薬ともいえるありがたいお薬です。しかし、抗生物質も服用の仕方によっては、体内の病原菌だけでなく、腸内細菌(善玉菌も悪玉菌も)までも殺菌し、その結果、腸内環境のバランスを乱してしまうことになります。

抗生物質でなぜ下痢をする?


抗生物質は、体内で悪さをしている病原菌を殺菌するために処方されます。しかし、抗生物質は、その種類にもよりますが、多くの場合、体内の病原菌だけでなく、一部の腸内細菌も殺菌してしまうことになるようです。その結果、腸内細菌のバランスが崩れ、腸内環境が悪化してしまいます。腸の働きにも支障が生じ、腸内の水分の調整がうまくいかなくなるため、下痢(あるいは便秘)などが起こりやすくなります。

また病原菌に感染している体は、あちこちの機能が低下しており、腸のそのものの働きもすでに相当に鈍っていると考えられます。そのような腸に、抗生物質を送り込めば、かろうじて頑張ってくれている善玉菌までも殺してしまうことにもなりかねません。腸そのものが受けるダメージも計り知れないといえるでしょう。

スポンサーリンク


抗生物質が処方される際には、下痢止めとして整腸剤(抗生物質に強い耐性乳酸菌が多く含まれる)なども一緒に処方されることが多いのは、抗生物質により腸内環境のバランスを大きく乱さないための対処にもなっているようです。

尚、抗生物質を飲んで下痢をするのは一時的なもので、症状が改善し、服用をやめればすぐにおさまる場合が大半のようです。

風邪に抗生物質は不要?


抗生物質は、溶連菌感染症や細菌性肺炎、菌血症や細菌性髄膜炎などの感染症から身体を守ってくれるために非常に重要な働きをしてくれています。

しかし、単なる風邪の場合、その原因の大半は、細菌ではなくウイルスによるものなので、抗生物質を処方しても効力がありません。万が一、その風邪が細菌によるものであった場合のことを想定して、風邪でも抗生物質が処方されているようです。(あるいは、肺炎などの二次感染を予防するために処方される場合もあるようです。)

しかし、同じ種類の抗生物質の長期服用や、中途半端な服用(途中でやめてしまう等)によって、抗生物質が効かない耐性菌を育ててしまうことが明らかになり、安易に抗生物質を処方することが問題視されるようになりました。

耐性菌の問題や腸内環境のバランスを崩すという観点から、最近では、単なる風邪で安易に抗生物質を処方するのを控える医師も多くなっているようです。

善玉菌を増やして風邪に負けない身体づくり


昔から、風邪に直接効く薬を発明したらノーベル賞をもらえるとよくいわれてきました。抗生物質をはじめとする、風邪の際に処方される薬は、すべて症状を緩和するための薬です。風邪は、最終的には、自らの身体に備わっている免疫力(自然治癒力)によって完治します。

風邪をひいた場合、抗生物質に頼るのではなく、腸内の善玉菌を増やして免疫力を高めることが、一番の治療法であるといえそうです。

日頃から善玉菌を増やして腸内環境を良好な状態に整え、免疫力を高め、風邪を寄せ付けない身体づくりを心がけましょう。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事